masa のコメント

今日のモーニングショーは緊急事態宣言の延長、ワクチン、オリンピック開催の是非の3本立て。今週ずっとこのパターンですね。いい加減飽きないのでしょうか。

まずは緊急事態宣言の延長の話題から。北村曰く「人流を抑えるのがキーワード」とのこと。いつから人流を抑えるのが目的になったのか。医療体制のひっ迫を防ぐのが目的だろう。私の邪推ですが、一部1類相当の扱いになっているのが問題だと気付く人が増えてきたから目的をすり替えているのではないでしょうか。今日のゲストはいのちの停車場の原作者の医師でした。映画館だけ営業を認められていないことに主演の吉永小百合も肩を落としているとのこと。そりゃそうでしょうね。一茂は飲食店のことを慮るのはいいのですが、人流を抑えるよりも密にならない対策を強化するべきとの発言にはがっかりしました。インフルエンザが流行っていた時そんな厳重な対策なんかしていなかったでしょ。玉川は「この先インド株などを考えると、オリンピックの時まで延長したとしても減少していくとは限らない、高いところで下げ止まってしまうんのではないか」と発言。こいつは緊急事態宣言の永続を望んでいるのでしょうか。延長しても感染者が下げ止まるのであれば宣言に意味はないと結論付けるのが自然だろうに。でもその後に「じゃあどうするかですよ」と付け加えていたので強制的に検査、ワクチン接種が望ましいとも考えていそうです。

続いてアイボだけが友達の尾崎の発言を紹介していました。オリンピックは最低でも無観客だとかいろいろ提言をしているようですが、中川の政治資金パーティーに参加しておきながら何を提言しても説得力ないわ。ワクチンの話題でもゲストの医師が強い副反応が出たという話は出たものの、接種後の死者が85人になったという話は華麗にスルー。最悪の事態を想定する、煽るくらいがちょうどいいなどと言っていた人もいたと思うんですが私の記憶違いでしょうか。

オリンピックについて当然のことながらネガティブな発言ばかり。ゲストの医師も反対のようでしたが、その理由がよくわからなかったです。「弱い人達(高齢者)を相手にしているので自分が移してしまわないか怖い」とは話していました。要はオリンピックで感染が広がって高齢者がかかって死んでしまうということなんでしょうか。高齢者がかかって死んでもそれは寿命でしょうに。インフルエンザが流行っていた時もそうやってびくびくしながら診療していたの?映画も薄ぺっらいないようなんだろうなと思ってしまった。そして玉川のターンですが、まず「僕は1年先のことをいつも考えるんですよ」と言った時に腰が抜けそうになりました。社会をずたずたにしておいてどの口が言うか。肝心の内容ですが、「政府はオリンピックを開催すれば国民はコロナのことを忘れてくれると思っているのではないか」とのこと。なるほど、オリンピックが開催されれば自分たちがやってきた煽りの関心が薄れてしまうと思っているから反対するのね。

気付いていないのかもしれないけど、今週1週間でだいぶ裏を見透かされてきたような気がします。コロナ論を意識するあまり自滅への道をたどっているのなら何よりですが。

No.119 4ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細