ヒコミコ のコメント

久しぶりの書き込み。コロナ論3読みました。コロナ君が可愛い。コロナがいかに怖くないものだと、読んでいて改めて思いました。
去年の一月、私も高熱が出たので、たぶんコロナになったんだろうなと振り返りました。
免疫の記憶ができてるから、今度罹っても、酷い症状にはならないのだろうと井上正康先生の本も読んで思いました。
コロナワクチンを、父親が病院勤務だから打つといったら、反対はしました。現実実際ワクチンを打った事を止めれない現実に、自分の力のなさを感じてます。
短期的だけでも副反応が出てる例が出ているだけでなく、それよりも数年先将来中長期的にどんなことになるかわからないそっちのほうが怖い。

今更だが、仕事場の父親の立場を考えるとワクチンを打つのはしょうがないと言っていいのか。もっと強くワクチンに反対したらよかったんだろうか。個人が決めることだからしょうがないんだろう。自問自答してます。
どうしようもないですね。家族だけど、個人の判断だからな。冷たいようだけどしょうがないよな。
コロナにかかったら死ぬ確率が高いならわかるけれど、80代でも感染していても回復してる人は多いわけだから、ワクチンを何で打たなきゃいけないんだろうか?と思います。
コロナ騒動を見てると、新しい生活様式にあほらしくてどしようもない。車を運転したたりすると、一人運転してる人とかが他に誰も乗ってないのに、マスクしてる人がいたりして馬鹿らしく見える。マスクする意味がないというのが解っているので
おかしな世界になってしまってるなぁと考えてしまう。いつまで続くんやろうか。
マスメディアによる圧力や、社会圧につぶされそうでこのままじゃいけないなと思いながら、生きるしかない。
コロナ論を読みながら思いました。

コロナ茶番いい加減終わってくれ。そう願っております。

No.206 5ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細