希蝶 のコメント

 感想の続きです。
 
 泉美木蘭のトンデモ見聞録・第213回「尾身茂の不気味な管理社会構想」
 一言。私は誰かに監視・管理される社会はディストピアでしかないと思います。自分はスマートフォンを持っておらず(故に先日の「道場」の懇談会のアンケートを見ることも、回答することもできないのです。すみません)、アプリ監視といってもピンと来ない感じですが、親が認知症にかかっており、昼夜の区別や日にちの感覚がなくなっており、記憶力が続かず、自分で判断ができないような情況になっています。そんな状態で「検査」を日常化されたら、と想像すると空恐ろしいものを感じます。昨年暮れに入院した際に、PCR検査を無理矢理されて、非常に苦しそうだったのも覚えています。
 今でも、頭に当てて体温を計られるのには抵抗感があります。(しゃべクリにも投稿しましたが)「はかったな~」とか言いたくなります(実際には言っていませんが。言ったらかなり顰蹙を買うのでしょう)。職場では検温が義務なので、体温計は持ち歩いており、時折極端に低い温度になった際には、五度か十度位水増しして申告しています(幸いなことに平熱よりあがったことはないです)。
 いったい、いつまでこんなことを続けば良いのでしょうか?何だかやっていられないと思います。

 先日も電車で人身事故があったという知らせを駅で耳にし、いったいいくつの人身事故があるのだろう、思っている以上の多くの人が生活苦にあえいで、結果自殺を選んだのではないか、助かった場合もかたわになってしまい、その後の人生を苦しみの中で過ごすのだろう、と思うと空恐ろしくなってきてたまりません。
 「ブルークリスマス」とかいう異星人侵掠ものの映画がありましたが、既にその処分方法として、青い血の人間を虐殺するような世界になりつつあるのでしょうか。

 昔テレビで見た映画で、コンピュータに監視される社会みたいな内容の話がありました。米ソがそれをミサイルで破壊しようとして、結局コンピュータ側にばれ、一挙に爆破され、抵抗することができなくなる、という筋のものがありました。こういう話では、よく権力者の支配欲の話が取り沙汰されがちですが、システムが暴走し、人間をコンピュータ、機械、デジタル側が不要とみなして、処分するというようなことを想像する私はファンタジーもののよみすぎでしょうか?それでなくとも、あの人が感染している(陽性だ)、と隣人を疑い合うような世界が果たして理想郷と言えるのでしょうか?今、知事達や無能な政府や、マスコミや専門家や尾見会長らが築き上げようとする世界は、そういう世界なのではありますまいか。

 自分のかよっている精神科医も、「今は前代未聞の事態だから」といういいわけを口にしますが、世の中に完全に予測可能なことはあるのでしょうか?ある程度想像できるかも知れないけれども、100%はなく、どこかしらに予測不可の事象が紛れ込んでおり、それに対処するのが政治家の役目ではないか、と思います。完璧に対処するのが大変ならば、99%に近づけるように対策を立てればよい。そして、私たちが日常を無事過ごせるように工夫して欲しい。いたづらに不安を煽ろうとするのなら、逆に空元気でもよいから(かといって、科学的な知見は説明した上で)。そんなことを思いました。

 正直、私は尾見とか言う人に興味はないのですが、彼がミュール(アイザック・アシモフの「ファウンデーション」シリーズに出てくる超能力を持った僭主)ならば、排除すべきだ、あるいはその野心を押され、よい方向にその能力が向かうように矯正すべきだ、と思います。実をいうと、先述の父の問題で手一杯なところがあって、投稿もままならないような感じなのですが、自分が心配しているのは、こういう情況で施設入所や病院への入院などになり、父が出て来られなくなるのではないか、ということを危懼いたします。実際、去年なくなった叔母が老人ホームで誰にも看取られずに一生を終えましたから。その頃はまだお寺で葬式も出来ましたが、しばらくすると、緊急事態宣言云々で、法事への参加もできなくなってしまいました。こんな異常な世の中をはやく終わられて欲しい、そういう思いで、このトンデモ見聞録を読んでいます。

 だらだらとすみませんでした。親のことが心配なので、ここまでにします。もっと遂行すべきですが、そんな餘裕がないのです。すみません円。

No.137 5ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細