ぴぷ のコメント

先週土曜日の「オドレら正気か?」で、
『コロナウイルスは大腸を目掛けて行く』と、
よしりん先生はお話されていました。

先日『コロナワクチンより、この薬が効く!』という
ユーチューブ動画を観ました。
坂上仁志氏という経営コンサルタントの方が
「イベルメクチン」という薬について語っていました。
内容は、概ね以下の通りです。

・日本の科学者、大村智教授が
 この「イベルメクチン」で、2015年にノーベル賞を受賞。

・「イベルメクチン」は、「オンコセルカ症」という
 病気の治療薬(口から飲む錠剤)です。

・「オンコセルカ症」とは寄生虫が腸内に入り発症し、
 重症化すると失明してしまうとの事です。

・コロナワクチンは本来、5年~10年掛かる治験期間を
 例外的に、スッ飛ばして承認されました。

・対して、「イベルメクチン」は既に承認されています。

・厚生労働省が「イベルメクチン」の適応外への使用を
 約1年前に認めています。
 つまり、コロナの治療にも使えるという事になります。

・東京都医師会も「イベルメクチン」を推奨しています。

・世界中の色んな所から有効例が挙がっています。

・コロナ治療薬として承認している国もあります。

・但し、WHOはコロナへの「イベルメクチン」使用に
 否定的です。

・価格は3㎎で¥652。
 コロナワクチン1回分¥4,000に比べ、かなり安価です。

・安価の理由は「イベルメクチン」の特許期間が
 切れた為だそうです。

・そして何よりも「イベルメクチン」は、
 重い副作用の心配が、ほぼ無いとの事です。

この日本産の薬。コロナワクチンに比べ、
心配な点や悪い点は非常に少ないなぁと思ったのですが。
それよりも、「オンコセルカ症」は腸内で発生する
との事ですが、そこで先週の「コロナは大腸」という、
よしりん先生の話と繋がった感じしませんか!!

「オンコセルカ症」も「新型コロナ」も、
腸内の病気なので、「イベルメクチン」が有効なのか!?
…そんな単純な話でもないのかしら?

上記の関連動画(2本)は以下から観れます。
https://www.youtube.com/watch?v=rNqTjlNa51w

https://www.youtube.com/watch?v=pXfPakGPOWw

No.102 5ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細