ただし のコメント

 今朝の羽鳥も~ニッ♪んぐっ!ショー、良純、山口、玉川と、パネルコーナーの解説者がホラー北村でした。

 パネルの上の方に、大きな字で大見出しのようなものが書かれているのですが、今日は、
『菅総理、ファイザーと会談「9月末までに全対象者に供給」』そして『大阪「災害レベルの事態」』とありました。

 昨日の東京は、新規感染者(ホントは検査陽性者)が759人で緊急事態宣言後最多。全国では5日連続4000人超えの4093人。大阪は過去最多の1220人。同じく和歌山も過去最多(タイ)で44人。だそうです。44人でも赤字で書かれてしまう和歌山県…。新潟も以前、そんな扱いを受けました。

 大阪は昨日の重症者280人の内、42人が重症病床に入れなかったそうです。重症病床使用率98.4%とのこと。
 すかさずLINEで質問を送りました。一般の病院でも看れるようにすれば良いのではないかと。

 大阪の昨日の死者は3人。検査陽性者は6日連続1000人超えで、前の週の同じ曜日(日曜日)に比べて、およそ1.5倍増加とのこと。先週は827人、昨日は1220人。

『最多』『連続』『増加』『倍』『超え』などの言葉を好んで使うモーニングショー。
『この村では昨日から2倍増加の2人、過去最多のPCR陽性者が出ました。これで1週間連続1人超えです。玉川さん。』

 ホラー北村、グラフを見て『東京は3月初旬から増えている。緊急事態宣言は増え始めの時に解除した。今後、加速的に増える恐れがある。』などと。
 締め付けといて、緩めたから増えた訳です。加速的でも加速度的でも増えると言うなら根拠は示さなければ。

 ゾンビ北村『っから大阪の方はですね』
 羽鳥『はい』
 ゾンビ『いわゆるアクセルの踏み方のレベルはややあの、踏み、踏み方が甘くなってきてこの~右肩上がりではあるんだけれども、スゥ~、その~坂道のぉ度合いはやや~あの~~まあ~緩んできたんだけれども、スゥ~、今までがまあとにかく踏み方が尋常ではなかったので、』

 羽鳥『そうですね~』

 北村『もうとにかくあの~~、まあ、合計するその~、ご、あの~、患者さん陽性者数が多いのでもう、こん、とにかく医療が~え~《災害レベルですね》。』

 羽鳥
『…はい。というのが大阪の状況ということになっています。』

どんいう状況やね~~ん!

 尋常ではないアクセルの踏み方を緩めたら増えたと? やはり分かっているようです北村。確信犯が白状しちゃいました。
 合計するとって…専門家を名乗る人の言葉でしょうか。
《災害レベルですね》のオチだけはシッカリと言いたかったのでしょう。そこだけ声の質が変わりました。
 パネルの見出し、そして後半のテーマが、大阪は災害レベル。打ち合わせの様子が目に浮かぶようです。

 菅首相が米国で、ファイザーのCEOと電話で話して、国内の16歳以上の全ての接種対象者・1億1000万人の2回分のワクチンを、9月末までにファイザーから供給して貰うように契約したとのことを取り上げていました。

 北村は『実質的に合意とか、テレビの話しなどから何となく伝わってくるとかでは、なかなか国民には真意は伝わらないとは思います。』などと。

 羽鳥をジーッと見つめる北村。振り向いてもらえず下を向く北村。恋してるのでしょうか。

 羽鳥『そうですねえ。ではアストラゼネカはどうなんでしょうか。』

 北村は『アストラゼネカのワクチンは、100万回に1回、脳の静脈に血栓が出来ることが、まれに報告されている。非常に低いレベル。リスクとベネフィットを考え合わせて決めて頂ければ。やめる程の理由にはならない。高齢の方は、それだけでも、日常に起こる頻度のもの。』だとかなんとか。

 そして羽鳥をジーーッと見つめる北村。北村ではなく良純に話しを振る羽鳥でもまだジーーッと。

 そして北村『医者も打ってないのに(4分の1の医療関係者しか打ち終わっていないそう)高齢者に打ってる、おかしな、漫才のような状況が何故生まれたのか、私の友人や関係者の方に非常に耳にする。』

ホントーなのか北村!?
北村を頼ってそんな話しをしてくる人が回りに居るのか!?
そもそも友人居るのか北村!?

 北村が『非常』と言うときは、くせい。

 で、また羽鳥をジッと少し見る北村。山口に話しを振る羽鳥。うらめしそうに山口の方をチラッと見て、あきらめたように俯く北村。

ホントに好きなのか北村!?
山口じゃなく羽鳥がホントーに好きなのかゾンビ北村!?

 山口は、ヨーロッパではワクチンで死ぬ人とコロナで死ぬ人をいわゆる天秤に掛けて、ワクチン接種をとるみたいな考え方をすること。日本はそういう考え方はしない国だということを言っていました。
 日本はコロナ感染者が少ないと暗に言いたかったのかも知れません。

 そして玉川。先進国の中で日本のワクチン接種が遅れているのは厚労省が及び腰だから、もし死者が出た場合、責任を負いたくないからだと。

当たり前じゃねーか!

 ワクチン接種後の犠牲者が出たなら、玉川に責任を負わせましょう。
 途中、山口側をしばらく見ながら喋っていた玉川。例の顔で見つめられていたのでしょうか。
 ただ、玉川の政府批判には、基本的にウンウンと頷く山口の姿は、やはり左っぽいですね。

 玉川の演説中、カメラはファイザー社のワクチン製造場面のVTRを最初映して、徐々に引いていき、玉川のカッコイイ演説場面を横からアップで、と思ったのでしょうが、左側にもあるアクリル板のおかげで何だか霞んで見える玉川徹。
 それに気付いてイラッとしたのでしょうか、急にゾンビに詰め寄る玉川。曰くアストラゼネカ社製のワクチンを先生だったら打ちますか?と。

さすがにそれは無いだろ玉川徹。
まず自分だろ玉川徹。

 北村『ボクはあの最初は、あっ、最初ってか今でもあの、アストラゼネカ、ん、みぃ、えら、選べるんだったらボク選ぶと思います。』

ホントーーにホントーーだな北村ーーっ!!

 この後、玉川が理由を聞く、北村が答える展開が続くのですが、まあ、いくら専門的な知識を言ってみても、本当に危険だったら北村は打たないだろうと思います。茶番のやりとりが終わったあと、羽鳥が『仲良くね』と。山口『ハハハ♪』。嬉しそうなゾンビ。楽しそうな玉川。茶番です。

 ゾンビは、人に相手にしてもらいたいのではないでしょうか。普段コミュ障で独りぼっちで。

 ファイザーのCEOが、ワクチンの3回目の接種もあり得ると発言したことについて。
 ゾンビ北村は、はっきり疑問を投げ掛けていました。利益の為では、とも。
 たまに良いこと言いますね、ゾンビ。
 対して玉川はCEOを庇っていました。変異株に注視しているとCEOは言っているからと。
 玉川の反論に愛想笑いの北村。弱っ。
 そして怖い目に。

 良純が『まだよく分からないことをここで言っていても、しょうがない』だったかな。『とりあえずワクチンの1回目を』と。
 いいタイミングで、まとめてくれました良純が。バカだけど。

…つづく

No.456 34ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細