早雲 のコメント

現在の日本では、まるでファイザーが治療薬の様に報道によって広められている。
通常、ワクチンは5~10年をかけ、治療効果と副反応を長時間に渡って研究するものはずなのに…
間に合わせの様なワクチンが、まるでコロナの治療薬扱いだ。

2,3年後、ワクチンを打った者が連続的に異常を来したりすれば、プラシーボ〔偽薬〕効果が生まれ、「俺もワクチンを打ってしまった、私も打った」と不安に陥り、精神が持っていかれそうで返って危ない。
あるいは、実際に具合が悪くなるのかも知れない。
これは、コロナワクチンを使った国が危惧すべき問題になるかもしれない。
ワクチンの基本さえ、押さえる事ができないのだからどうしようもない。

スウェーデンのコロナ対策の成功例を見ようとせず、評価が出来なかったのは、人材の末期状態である。
本来は、その成功例をベースに、自分たちの国にどの様に当てはめるかを考えるものだが、安易にワクチンに走り、意味がないのにマスク対策するのは、国民を巻き添えで、自分の殻に閉じこもっているだけである。
しかも、どれだけ自分たちの国に、どれだけの経済損失を与えたのかも分からないのだから、お手上げ状態だ。

日本が影響して世界中に広がるべきものは、マスクではなく、日本食だった。
最大の理由が、栄養バランスに富んでいるからであり、ワクチンよりはるかに現実的で、体に良いものだ。
食べる行為そのものは、栄養のあるものを食べるという医療行為である。
極論では、食べる行為は、栄養のある物を取るのであり、美味しいものを食べる行為ではない。
訳の分からない食べ物を取るという行為を見直す時期でもあったかも知れない。
アメリカは特にそうだ。

No.436 34ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細