ただし のコメント

今朝の羽鳥もうにねんぐらいはコロナやりましょー、前半の20分間くらいを使い、小室圭さんのことについてやっていました。
 元婚約者が、新たな音声データを出してきて、週刊文春オンラインで公表したとのこと。それを流しました。
 番組としては、小室さんの公表した文書に書いてなかったこと、と認識したいようです。
 司会の羽鳥も、『書き漏れていたこと』などと言って、明らかに小室さんを、文書で印象操作をしようとした悪者にしたそうでした。
 ムカムカムカムカしました。こんなもんがあったって、小室さんの文書の主張に何ら変わりはありません。この音声データに入っていた小室さんの発言は、その約1年前に元婚約者が言った発言を受けてのことです。時系列から言って、何ら問題ありません。
『家族同然だ』『援助させてくれ』『婚約してくれ』『婚約破棄させてくれ』『理由は言えない』『金は返してもらうつもりはない』『やはり返してくれ』『婚約してたからって金を上げたつもりはない』…こんなコロコロコロコロ態度や言動を変えられて、それも数年に渡りしつこくされたら、それは態度を硬化することもあるでしょう。
 この元婚約者は、自分は態度をコロコロ変えてもいい、でも小室さん側は常に清廉潔白でいろなどと思っているのでしょうか? トンデモなく自分に甘く、他人に厳しいトンチンカン男です。

 そう思っていたら、玉川が見事にスパッと小室さんを擁護。羽鳥の言葉に簡潔に反論。番組自体の流れみたいなものを堰き止めてくれました。気持ち良かった~~☆♪

 何なのでしょう、玉川は。
 この矛盾が分かるのに、コロナ禍の矛盾は分からないのでしょうか。
 番組としても、小室さんの問題では玉川と歩調を合わせず、なんてことがあるのでしょうか。
 とっても不思議です…。

 パネルコーナーにつづきます。

No.322 35ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細