サトル のコメント

サトル
No.48 (2021/01/13 09:46)
もう仕事が話にならん(いよいよ失業?)ので、本日はモーニングショー監視。長いです。最後が一番恐ろしいので、飛ばして読んで構いません。

冒頭の猫のチャレンジ映像で「嫌な予感」
案の定、玉川「ボクも、もっとチャレンジを……」などとほざく。

続いて、独裁者気分の知事たちのコメントを流す。なかでも、マスコミに取り上げられるには、どのような煽りかたが良いか熟知している元フジテレビ「黒岩知事」。

「前よりも緩い措置で良いわけがない!」
彼を以前から散々こき下ろしてた、自称「ニーチェ評論家」はどう思ってるのか、聞いてみたいものである(最近は、ひたすら菅を責めてるが……コロナ脳観点で)。
岐阜の県知事も、コメント。
「同じ列車に乗せて頂きたい」。なんとか「気の利いた」コメントしたかったんだろうが、センス以前の問題。と言っても「炎上」しないとわかんないんでしょう。

続いて苦しくなってる飲食業界やカラオケ業界の「工夫」を評価する醜悪さ。
悲惨な人たちはスルーしておいて、「もがきなから工夫する人たち」には、評価応援コメントする。どこまで「ゲス」なんでしょう。

パネルコーナーは、二木、大谷の2名。
各局、ブッキング競争が激しくなってる「偽者専門家業界」。岡田は「事務所通してください」かな?彼女の言ってみたかった「一生の夢」がかなってるのだろう。

番組は「都立、公社」の3病院のコロナ専門病院増床をとりあげる。

話の流れで「医師会にも頼んで協力を」と玉川コメントするが、羽鳥、二木が「ゴニョゴニョ」言い淀む。そりゃそうだ(笑)医師会の「真意」と違いますからね。

続いて西村の「誤解発言」を弄る。
バカがバカに絡んで、揚げ足とり。
浜田「正しい情報を正しいメッセージで云々」ど政府を責め「謝れ」という。

玉川は未だにコロナを「未知のウイルス」とし、まだ(マスコミの)正しい情報が浸透してないと嘆く。
ここで、玉川ノストラダムスの「大予言」。
2月7日が(感染拡大)収める「最後のポイント」。それまでに対策=キャンペーンをしたいらしい。番組告知か?
二木は二木で、煽るわけではないが……(最近は煽るが皆さん気になるみたい(笑))と「変異種
」が……と「煽る」

浜田は「若者の鍋パーティー」を例にあげ、如何に「若者が馬鹿なのか」を印象操作。
「我が家では冷えきった会話もない食事ですが(温かい思いやる心のある)賢い家庭よ!」と言いたげである。確か数年前に「個食」問題が教育界で問題になっただろうに。

玉川引き取って、呆れたように「感染について」、講釈をたれる。以前はガイドラインを出せ!何も出来ないじゃないか!と吠え、出せば出したで鼻で笑う。
放火魔が防火対策について講釈。
戦後流行った?らしい「説教強盗」のようである。「放火魔」「説教強盗」「自殺幇助」。さらにアトキンソンが仕事しやすいように、「押し込み強盗の手引き」まで。
本人は、定年後も渡邉宣嗣のように嘱託で残る気満々らしい。そのうち「旅番組」でも出る気か?バス旅とか。今すぐ出掛けて行方不明にでもなってほしい気がするが、きっちり罪を詳びらかに、処罰してからでないといけないと思い直す。吉田清治や麻原みたいには絶対にしてはいけないし、「乗っかった連中」まで糾弾しないと、また「でてくる」。
さらに「喫煙所」について感染リスクを唱える。雑談も許さないらしい。これは間違いなく都内から完全に近い形で「消える」な。小池大喜びですな。都庁舎周辺が一番吸い殻ポイ捨てが増大してるくせに(笑)
番組は、PCR検査の不備を訴える。先日の梁山泊で宮沢准教授(准に怒りを覚えるが)の詳細なPCRの問題点を聞いた後では……。
自分達で火をつけておいて、逃げ遅れが出てると「煽る」。
眉をひそめて不安がる浜田の顔は、テレビの前のコロナ脳視聴者の顔だと思うと……。

さらに誇らしげに玉川、番組が1年如何に努力したか、政府は何もしなかったかを訴える。
そのうちトランプ並みに、扇動するのか?

続いて厚生省吊し上げ。またこれで厚生省の暴走が始まるのか?足がすくんで動かなくなるのか?
最後に河北省のある市にて、住民1100万人のPCR検査を実施、2万人をバスで一斉隔離の「ユダヤ人虐殺」のような恐ろしい画像流す。
ワイプ越しに「無表情で見つめる」羽鳥、浜田、玉川。コメントなし。番組最後が一番衝撃だった今日のモーニングショーでした。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細