チコリ のコメント

チコリ
No.224 (2021/01/18 09:08)
ライジング配信ありがとうございます。

一庶民の実感として、日本における、まもなく一年にわたる、コロナ恐るべし!の茶番劇には呆れ果て、
開いた口が塞がらず、常に胸糞悪い怒りが付いて回ります。
この不快感、胸糞悪いムカつきを、どうすればいいかわかりません。

怒りと空しさが同居すると、先の戦争を思い出す。
あのとき、どうしても戦わねばならなかった日本だけど、
無責任に戦争を煽りに煽ったマスコミや大本営、
そして、まさに国民が命を差し出さねばならなかったあの時代を思うと、
涙が出てくるし、とても考えさせられる。

あの戦争から何も学んでいない、
あの時代と今と、何が違うんだ、という虚しさが湧いてくる。
マスコミも権力も、何も変わってやしないじゃないか、
コロナの正義を叫んでいる奴らは、あんたらが上から目線で裁く、当時戦争を煽りに煽った奴らと同じじゃないか。
ここはもっとよく考えたいところです。

この一年、一貫して、変わらない日常を暮らしてきました。
高齢の母と同居していますが、自粛で外食産業がガラガラになったときも、
母と、ほぼ貸切状態の店で、食事をしました。
その後、私が少々風邪をひき、長引きましたが、通常通り暮らしました。
何の変わりもありません。
人間死ぬときは死ぬ、ただそれだけじゃないですか。
いつ死んでも仕方ありません。
でも他人に不本意な生と死を強要される事だけは、絶対に許せません。

ただ生活のために淡々と働き続けますが、正直、必殺仕事人になりたい。
私事の重荷も重なり、「私は貝になりたい」という言葉が浮かんくる始末。

コメントを読むたび、サトルさん大変だなあ、とひしひしと感じています。
私も今は働ける時間に働かざるをえず、勤務時間が安定してないので、
睡眠時間や、日常生活のバランスの取り方が、グダグダです。何とかやっています。

先日のライブで藤井先生が言われたように、
胆力がない、日本人は、怒る時にはちゃんと怒ること、そこに尽きると思います。
死生観は、まさに萬田先生のおっしゃる通りです。

生命至上主義の人って、みじかに死を体験したことない人たちなの?
自然に逝けるところをムリに延命して、虫けらみたいに骸だけ無理やり呼吸させられて、
自分がそうされてまで生きていたいのか?ーと疑問に思うが、
したい人はそうすればいいし、自然にいきたい人までお前らが口出しする権利はない!!!

コロナ禍は、先進国がこんなにすげえことになってるんだぞーっ、日本もそうならないわけがないだろがーっ!とかゆう、
グローバリズムそのものでしょうが、バカか。
そのほか利権やら陰謀やらも、いろいろあるんでしょうが。
今更後には引けない、往生際の悪い醜悪すぎる、マスコミや専門家、糞食らえ!!!

興奮して、あんまし頭が良くないので感情で書いてしまい、
サイエンスもなく、まとまりもなく、文章が荒れてすみません。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細