チコリ のコメント

チコリ
No.212 (2020/12/28 21:55)
ライジング配信ありがとうございます。

「“スウェーデンは失敗だ”問いただす」
いつも検証の上、真実を伝えてくださり、本当にありがとうございます。
ライジングは、堕落したマスメディアにあって、掃き溜めに鶴、日本の宝です。

自分が正しいと思ってしたことが実は失敗だった、誰かの人生を狂わせるきっかけとなってしまった、と気づいた時、
自分はどうだろうかと考えると、個人的にはなんだか苦しくなって沈黙してしまう。

私の場合、具体的な例が小さすぎて、家族間の言った言わない喧嘩レベルなんですけど、
相手から直接「あの時、お前が!」と責められない限り、
悪気がなかった事とはいえ、自分から積極的に謝りに行く事は避けてしまい、
後ろめたさから沈黙してしまう卑怯さがあると、感じている。
良心の呵責から、手紙を書いて謝罪するのが精一杯かもしれない。
ごめん、あの時私があんなことさえ言わなければ、と。

でも、間違いと知りながら、しらを切って、
「正気をかなぐり捨て、なんとか理由を見つけて、自分たちの行いを正当化する」ことだけは絶対にしないし、出来ない。

真実は、どうでもいいのだろうか?
間違った報道で、膨大な犠牲が出続けても良心の呵責はないのだろうか?
人の命がかかっている事すら想像できないのだろうか?
それより、自分が非難の矛先になり、糾弾される事から身を守ること、保身が第一なのだろうか?

今回の報道は、「米英のリベラル系メディア」だが、
テレビが真実を報道できない事は今更、ライジングではっきりわかってしまい、
真実を報道できなくても、生活のために、真実を報道しているフリをして、
テレビの仕事を続ける。保身。
自分に嫌気がささないのだろうか?
生きてくってそういうことだろ、
仕事ってそんなもんだろ、生活かかってんだよ、という声が聞こえてくる。

ただただ感謝の気持ちを伝えたくて一生懸命書きますが、
文書が拙く、まとまりがなく、なんだかすみません。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細