さらうどん のコメント

さらうどん
No.173 (2020/12/27 13:44)
「トンデモ見聞録」を読みました。

立憲君主制であるスウェーデンは、その点では日本とかなり近い(天皇陛下が政治的発言が出来ない)ということを知りました。
「スウェーデンは失敗した!」と「そら見たことか!」みたいに言ってる人達の中には、スウェーデンのことをよく知らない人も多いのではないかと思いました。
或いは、知ってて確信犯的に言ってる人もいるのかもしれませんが、そういう人は本当に最悪ですね。

そもそもスウェーデン人には「ファクターX」が無かったり、移民の問題があったり、かなり厳しい状況でもあったにも関わらず、
海外の他諸国と比べて、実際に上がって来ているデータも含めて、本当によくやっている国だなと改めて思います。
そしてロックダウンしようがしまいが、死者数の推移に各国とも大差がないというグラフが示す事実。ならば経済を殺すロックダウンなど愚の骨頂であることが自ずと導き出される結論だと思います。
(日本のグラフの「お~いここにいるよ~」に笑っちゃいました。ガチで「地を這うミミズ」や・・・)

また、スウェーデンもそうですが、欧米のハグやビズやキスの文化について改めて、日本人が思っている以上に根付いている文化なんだなあと思いました。
「コロナ論2」でもありましたが、「サングラス」と「マスク」に関する日本人と欧米人の意識の違いもそこですね。

スウェーデンよりももっと上手くやれたはずなのに大失敗を繰り返して上塗りしていく日本。日本人として恥ずかしいですね。


ライジング「ゴー宣」を読みました。

「全数報告」と「定点報告」の違い、これもまた勉強になります。
そして「ウイルス干渉」、本当にこれは「新型コロナを警戒して感染対策を徹底したからだ」と相変わらず言ってる人達に伝えたい知識ですね。
インフルエンザには強く、子供にも若者にも優しく、老人も8割が回復、新型コロナウイルスのどこが怖いのでしょう。
一刻も早く、新型コロナウイルスを指定感染症5類に下げるか、指定感染症から外すべきです。
それなのに、延々と恐怖を煽るマスコミと医師会に政府はグラングラン揺れっ放しだし、野党もバカだし、サヨクとネトウヨがバカなのは仕方ないとしても、
踊らされている大衆が多過ぎて辟易とします。

しかしこのコロナのインフォデミックの中で、データを正確に見るということについて改めて勉強になったことと、
ウイルスについては無学でド素人なのは今もそうですが、それでも「コロナ論」「コロナ論2」「コロ問い」などでいろいろと勉強になったこと、
それとそれをとっかかりとして、木村もりよさんや宮沢孝幸さんなどの真っ当な学者さんの知見に触れられたことは有難かったです。
中でも一番自分が日々頷いているのが、萬田緑平さんの言葉ですね。死生観を意識して生きるって改めて本当に大事です。
手塚治虫先生の「火の鳥」など、死生観を描いた名作漫画を読むこともいいなと思いました。
「コロナ論」「コロナ論2」もそうなんですけどね。


追伸:Q&Aありがとうございます。
身近な人の一人一人を根気よく説得していくことを続けたいと思います。
そして「しょうたの父」さんの質問と回答、「ゴジラには胎盤がある」・・・「卵生」から「胎生」に進化中のトカゲとか、「卵胎生」とかいろいろとありますもんね。「コロナ論2」の内容と相俟って、面白い解釈だなと思いました。
あと「がんT」さんの漫画の質問はいつも楽しいですね。「ハリスの旋風」は良いですよね。ちばてつや先生、「あしたのジョー」展で生原稿を拝見したことがあります。プロは凄いなと思いました。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細