まー のコメント

まー
No.167 (2020/12/27 07:06)
>>166
いつも阿らないコメント、楽しみに拝見しています。たまに削除されてて「なんで!?」ってコメントしてると、なんかちょっと笑顔になってしまう私をお許し下さい(笑) 過激なコメントや賛同できないコメントももちろんありますが、一枚岩でガッといくところと議論するところは紙一重だと思いますので、このような意見もあっていいと私は思います。

私の捉え方です。
実は私も傍観者としてトッキーさんの攻撃に?と思うこともありました。しかし内容やその後の展開から、よしりん先生の意の元おこなわれていると気づき、考えを改めました。よしりん先生は公人ですし、その時間は作品に費やされる方が価値があります。昔はよしりん先生自身が行っていたようなことやちょっと泥をかぶらなければならない(けど必要)仕事をトッキーさんが引き受けているのだと気づきました。
ハッシュタグ祭りでツイッター始めてみてわかったのですが、どういう相手であれ避難されるのは嫌なものです。SNSで承認を求める、木蘭さんの自伝的手記も今なら非常によくわかります。人を攻撃すれば必ず攻撃が返ってきます。こんなこと進んでやりたいはずがありません。ましてや実名を出してまで。私はトッキーさんの攻撃を見るにつけ、「いつもやっていただいている」「ありがたい」という気持ちになります。
しかしよく考えればトッキーさんは時浦上等兵なのです。『卑怯者の島』読者なら、なんとなくニュアンスわかりますよね(^O^) 
ちなみに全国推進隊長に対しても私は同じような見方をしています。あ、魔太郎的ってことではないですよ!

会社人・組織人としてすごいなと思うのは、トップ(よしりん先生)の意図という範囲内で自由に考え、動かれていることです。これはすごいことだと思います。トップとの意思疎通や意図の理解そして目的意識の共有ができていないとこれはできません。また、定期的にトップにカミナリ落とされるリスクがあります。それをものともせず邁進する実行者も実行者なら許容するトップもトップです。腹据えて任せないと絶対無理だと思います。
昨夜の作戦会議に参加していて、そう感じました。

ご提案の投稿者の身元の特定ですが、一案ではあると思います。ただ、玉川も含めて私が恐るのは、煽るだけ煽らせました→首切って不満のガス抜きしました→根拠のない不安だけが当たり前のこととして残りました の流れです。我々が行うべきは、奴らを常識の海に沈め、奴らの主張ごと潰すのです。玉川の首が墓前に供えられても喜ぶ人なんかいないですよね。奴らは必ず叩き潰さねばなりませんが、どうせ自己批判はできないでしょうから見世物として醜悪な姿を晒し続けさせるべきだと思います。
そう考えると、トッキーさんの行動、ちょっと違って見えませんか?

まあ、忖度せず自分の頭で考え行動して、堂々と発表するゲストさんもなかなかの国士だと思いますし、この場に必要な方だと思いますよo(^▽^)o
締めが軽くてスミマセン・・・

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細