サトル のコメント

サトル
No.298 (2020/12/22 09:39)
本日のモーニングショー。

医療崩壊が迫ってると医療9団体が「異例」の医療異常事態宣言を表明した件をトップに扱いスタート。

また愛知西尾市の市議が14名で「忘年会」をした件を取り上げ、コンパニオンが3名いた、服装がどうのと取り上げる、下世話ぶり。

私からしたら番組自体がコメンテーターをコンパニオン扱いし、「ドンチャン騒ぎ」してる様に見えますが……。
今日は岡田晴恵は休み。三省堂池袋店での著書の販売促進も効を奏せず、顔写真入りPopも撤去された「大谷医師」の登場。重責?のせいか、噛み噛み。
玉川は医療9団体の後ろ楯を得たからか、張り切りまくる。
番組は「人を殺してる自覚」は皆無。恐ろしいほど皆無。車を運転する基本の1つに「かも知れない運転」があるが、彼らマスコミには「~かも知れない」は無いようです。

大谷医師は「早期発見、早期治療」と当たり前の話をし、結局「指定感染症」の解除が一番と言ってるんじゃ……。本人は気づいてないのが痛い。結局マスクが一番になる。この捻れはなんだろう。

大谷の論調にイラついた玉川「番組進行」に効果がないと判断し、ウイルスの感染力アップ=毒性アップに「誘導」を始めるが、やんわり大谷に遮られる。

とにかく終始、嬉しそうな笑顔を浮かべる玉川。やはり私には2日連続監視はハードルが高い。私もテレビももちません。それこそテレビに防護用のシールドが必要です。

その後も大谷医師は、熱く?語ってることは「指定感染症」外せば100%解決しないか?
大谷は「差別」「鬱」が増えてる危険を訴えるが、訴える相手を間違えてる。原因を作ってる番組に加担している自覚すらない。

ただ不思議なことに、番組的にはグダグダ。コメンテーターは基本沈黙。玉川もノンビリモード。
やはり「指定感染症」が鍵を握ってることは十二分に知っていて、大谷が「触れそう」になることに敏感になってるようです。

パネルコーナー後では、相変わらず偽善のオンパレード。絆ポルノに終始。なにが「♯元気いただきますプロジェクト」だ。追い詰められた
人たちの顔を札びらで叩いてるだけだろ!

朝から本当に胸糞悪くなる。

最後に「政府が!」と叫ぶ玉川。
笑って「大変でしょ?(笑)」とアナウンサーに
話しかける羽鳥。

大変なのはお前らだ!



このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細