護国 のコメント

護国
No.35 (2020/12/03 08:34)
No25のコメントの補正
リーマン・ショック時に影響を余り受けなかったのは「飲食・宿泊業」で「卸売り・小売業」はそれなりに打撃を受けています。無論、「コロナ禍」の落ち込みの方が大きいですが。(AERA10/12号)
2008年のリーマン危機では景気の落ち込みを防ぐため(翌年と合わせて)計20兆円程の財政支出がなされました。
では、「コロナ(インフォデミック)危機」では、第一次補正予算で25兆5千億円、二次補正で31兆8千億、
合わせて「57兆円」もの対策支出がなされているのです。(現在更に20兆規模の第三次補正が検討中)
現在コロナ自粛による経済の落ち込みは全く歯止めがかからない状況ですが、それは‘‘これだけ巨額の対策費‘‘を使った上での事、真面目に考えれば「コロナ煽り」の抑圧政策は、もはや「日本経済」と共存できない、続けることはできないと結論を出せるはずです。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細