創作茶魔語(絵無し)千手観音菩薩 のコメント

創作茶魔語(絵無し)千手観音菩薩
No.106 (2020/12/05 12:54)
・・・・・・

このコメント欄、●「しバラクーダなあ(暫くだな)」。

別に噛み付くぞ!ってわけではございません。(ヾノ・ω・`)メッソウモナイ…
この鋭い牙は、これまた最近ご無沙汰だという、あの教授のために・・・・なんて?((`Ψ´))ウシャシャ♪
…失礼しました。今週も配信お疲れ様でした。

なかなかゆっくりと読書する時間の取れないこのところでしたが、
何とか12月の「ゴー宣道場」の前に、『コロ問い』も『リベリベ』も読了できました。ハアハア~Ψ(;°皿ཀ;m)ヤッタッタドォ…


木蘭先生のデータ収集・分析能力のスゴさに、改めて頭が下がりました。˖°⌖꙳✧˖(°▽°)スゴイ!
先日、母が入院するというので、『コロナ論』を渡したのですが、
その母が、私の持っていた『コロ問い』を見て、
「あ、こっちの方がいいわ。マンガはどうも読みにくくて…」と。
人によってはそういうこともあるということに気づかされましたということで、一応報告申し上げます。(ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾ペコココ

勝田吉彰医師・・・この豹変ぶりは何故???σ(゜°;)アラマア…
①メディアのインフォでミックによってすっかり「コロナ脳」に洗脳されてしまった?
②新型インフルの時みたいなことを言うと、メディアに全然相手にされないから、ギャラ欲しさに信念も良心も捨てて「御用専門家」に成り下がった?

いずれにしても、信念も矜持もない、ろくでもない「空っぽ」の人間だったか……?


そして、「立憲主義」「法の支配」「カウンター・デモクラシー」の実現を目指す倉持先生の情熱、敬服の至りでございます。ヒュ~♪(*’▽’ノノ゙◞✺*:.。.❁.

「強い個人などいない」
倉持先生はご自身で自覚されてないのか、謙遜されているのか、
私の目には、倉持先生は十分に「強い個人」ではないか?と。
まあ、「私」の面については色々だらしないことも見せてくれましたし、他の師範方に比して「キャラクター」も…ですが(というか、他の師範方のキャラが強すぎる?)、
倉持先生が「強い個人」であるということは、多くの人が認めるところではないでしょうか?ꉂꉂ( ॣ^∀^ ॣ)ニャハハ


人は皆誰もが「強い個人」ではない。
けれども、誰もが「強い個人」となる“可能性”はあると私は思います。

私は他にも、色々「強いなあ」と思う人を見たり、話に聞いたりしてきました。
で、その「強い人間」に共通するものとして、
①明確な目標を持っている
②計画性がある(つまり、ただの夢想家ではない)
③意志が強い。信念がある。根気強く粘り強い
④ポジティブで明るく、積極的。建設的。創造的
…こんなところかと。

わけても①の「目標」、何にしてもこれがなければ、人はのんべんだらりと生きるだけで自堕落な人間となり、
だだだだ「生きる」、それだけが生きる目的となる畜群となる。
「堕落」とはそういうことではないかと。
敗戦によって「聖戦」という目標を失い、トカトントンと堕落した戦後の日本人のように……。


それで、私の中でずっと引っかかっていたのが、6月の道場で金塚先生が仰っていたワード、
「国家の目的」。
我が国日本の、日本国家の目的・目標って、一体何???щ(*̩̩̥Д*̩̩̥щ)ナンナンダア??


この問いに、あの頭空っぽの菅首相も答えられはしないでしょう。
私も正直、あのバカ大将・安倍晋三氏よりは幾らかはマシだろうと思っていましたが。。。ΣΣΨ(。Д°|||)ヘゴワッ!

あんなのが首相になったということは、大部分の日本人もまた空っぽだということでもあるでしょう。
頭スッカスカの「空っぽ民主主義」・・・。σ(´・・`;)アリャ アリャ アリャ…

頭が空洞だからこそ、「コロナ脳」に侵され、「グローバリズム」に染まってしまうと。
自分たちの国の針路を自分たちで決めようともせず、何となくアメリカ・グローバルの潮流に乗って漂流しているだけか…?
あれだけの「観光公害」があって、しかも当初はコロナなんかそっちのけで舌なめずりしていた「インバウンド消費」が、なんだ、あんなものかよと……。Σ(=Д=;)ショボッ!
あーた、一体どういうバランス感覚???


『リベリベ』には、与党も野党も、大多数の国民よりも、極少数の尖鋭化したノイジーマイノリティを選挙の上顧客にしているのが問題とありましたが、
私はやはり、その大多数の国民の意識があまりにも低い、あまりにも畜度が高過ぎるのが、そもそもの大問題だと思います。
「弱い人間」どころか「堕落したあまりにも弱すぎる畜群」だと!

いくら「カウンター・デモクラシー」システムを構築しても、肝心の国民が劣化したままなら、
結局「民主主義の病い」で、「愚民主主義」を加速させるだけではないか?


極論するというか、僭越至極ながら、「ごーまんかましてよかですか?」☯ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾⁾ペコルン
「投票」、これを「勤労・納税・教育」とともに、「国民の義務」にした方がいいのではないか?と。
「民主主義の病い」がある以上、投票率100%となったら、果たしてどういう結果となるか??

確かに庶民は忙しいけれど、だからといって、この国の舵取りをすべてお上に丸投げしてたら、
いつか日本人を大量死させるウイルスがやって来た時には・・・???☠=͟͟͞͞(٥Д٥=͟͟͞͞)オシマイdeath


政治家の質をスコアリングするというのは、それも「民主主義の病い」を考えると、どうでしょう?
「選挙のプロ」が「スコアリングのプロ」になるだけで、本質的なところは変わってないのでは…??

そもそも、誰がどういう基準で点数を??
食べログやAmazonのレビューで、「これで評価4かよ!?щ(°皿°щ)why?what?」みたいなのはけっこう……。
『民主主義という病い』のラストの「試験」も、まさにそこが難題でしたが・・・
最終的なスコアは、国民各々が各々の立場から各々の頭で判断すべきかと。

政治家の質を点数付けするより、良質の政治家を育てる方が、私の好みですが……果たして???

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細