マサ のコメント

マサ
No.28 (2020/11/11 05:06)
今回も楽しく読ませていただきました。

日本では保守とされている人たちがトランプ大統領を支持し、テレビをはじめ多くのマスコミは中立を装いつつも、なぜかバイデン氏を支持して居ます。しかしおかしな物でトランプ大統領であれば朝鮮戦争を終結させ北朝鮮を国家として承認していた可能性があった訳ですからリベラルとされる人たちの中からトランプ支持がもっと出てきて良かったはずです。

先日の道場の際、山尾先生がカマラハリス氏の演説に胸が熱くなったとの話をされていました。女性政治家として一つの天井を越えたハリス氏の演説のに胸が熱くなった事に対しては大いに共感できます。しかし同時に、評論家の室伏謙一氏がツイッターで「アメリカの政治家の空虚な美辞麗句に感動したり、ウルウルきたりする日本の政治家や言論人のなんと無邪気なことか。これじゃネオコンやジャパンハンドラーズのいいカモになるのも当然だ。」と述べていた言葉にも深く理解できます。建前がなければ優しい政治は難しいと思います。建前と現実のかい離が頂点に達するほど激しくなってしまった時、日本の場合はいったい何が起るのだろうとオバマが並べた建前とトランプの4年間を見ていて考えたりします。

今回の大統領選挙についてのメディアの姿勢やそこに登場する評論家たちへの疑念、日本国内での自称保守とリベラルもどき達による一喜一憂、それらの矛盾やモヤモヤが今回のよしりん先生の記事で少しスッキリした気分です。
ただ、珍コロ騒動や大統領選挙の騒ぎを見ていると「対米自立」「自存自衛」が必要だと現実を生きる者として改めて思いました。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細