青ネギ のコメント

青ネギ
No.170 (2020/11/17 00:02)
※「投稿は原則1日3回まで」のルールは承知しておりますが、返信のため、ご容赦願います。

>>168
くりんぐさん
こんばんは。障害者手帳と障害年金の等級はリンクしておらず、また、障害年金は障害に対する見舞金という訳でもなく、全ての障害者にもれなく支給される、というものでは無いそうです。病状に加え、経済状況や就労可能性も勘案されるみたいです。障害年金の受給審査は、かなり厳格です。
私は発達障害に関してはあまり詳しくないので何とも申し上げられませんが、他の障害と比べ分かりづらく、セーフティーネットから漏れやすいのではないか、との印象を受けております。
障害年金は主に「障害基礎年金」と「障害厚生年金」があり、失職中や求職中でも国民年金加入中であれば「障害基礎年金」は、要件を満たして審査を通れば支給される可能性はあります。

障害年金は、年収約325万円を超えると自動的に「支給停止」となります。障害者雇用の年俸を「最大300万円くらい」に設定している企業が多いのも、この規定を意識したものだと思われます。
ちなみに、国家公務員の障害者雇用に於いても給与の「天井」が予め設定されており、やはりこの基準を超えないようになっております。
この点ではやはり、賃金抑制に作用していると思います。

「障害者雇用だから」「非正規雇用だから」という理由で賃金が抑えられているとすれば、それはそれで倫理的な問題をはらんでいると思います。日本では盛んに「能力主義」や「実力主義」などと新自由主義者が叫んでおりますが、実際には全くそうはなっていないのは、周知の通りです。

あまり返事らしい返事になっていないかも知れませんが、私も何とか今の状況を「脱却」しようともがいております。
しかし、昨今の状況を見るにつけ、「もし年金が無かったら」と考えると、くりんぐさんが置かれている状況と比べたら恵まれていると感じます。これに甘んじることなく、精進したいと思います。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細