希蝶 のコメント

希蝶
No.147 (2020/11/16 08:55)
>>112 
 返信、どうも有り難うございます。_(._.)_
 本日もモーニングショーをたまたま見ているのですが、トランプ支持者がマスクをしないで、集会に参加したことと、コロナウイルスの感染者数や速度や経路とでは、まるで関係ない話ではないか、と思うのですが。そして、民主主義が染みついていると言いつつ、「中国は笑っている」と中共を礼賛する玉川。そちらをこそ笑うべし。

 くだらないので、今号の感想を書きます。

 ゴーマニズム宣言・第396回「マスクは憲法9条である」
 言われてみれば、その通り。しかし、上述の玉川発言のようには笑えないような気がしました。自分も結構ジンクスとか思い込みで物事を判断して、「これはこうでなければおかしい」と決めつけているような気もするし、トラウマとなったことに捕らわれているから。
 教育がそれを助長しているような気もします。しかし、教育が総て是でないとは言えないからややこしい。生きて行くことは、何かの主義に感化されてゆくことであり、それを総て洗脳と言い切るのは違うとも思う。やはり、そこには歴史と常識の縦と横の問題があり、だから私たちは歴史を学び、文学を読んで何かをつかまなければならないのかもしれない。

 以前も記した覚えがあるのですが、「スクラップド・プリンセス」というファンタジー小説があります。その話ではパシフィカという少女(王女)がこの世を滅ぼすと言われ、世界中から追われるという内容で、それを「マウゼル教」という宗教が布教し、そのマウゼル教はピースメーカーという宇宙からの侵掠者が広めており、ピースメーカーはパシフィカには直接手を触れられないので、マウゼル教で人々にパシフィカを殺させようとしているという設定なのですが、

 この話で、自分はマウゼル教とは憲法9条みたいなものであり、ピースメーカーはGHQなのではないか、ラインバーン王国の国民は憲法9条に洗脳された日本国民とダブって見えて来るのです。詳しくは小説か、アニメ版などを見てください、と言っておきます。自分も小説版を読んでみたいのだけれども、古本屋にも見つからないし(そんなに古い作品ではないのだけれども)、部屋が片づかないので、躊躇しているのです。
 小説は小説であり、あまり深く考えてはいけないのだけれども。

 思い込みほど危険なものはない、柔軟で何物にもとらわれない発想をしないといけないのだ、という当たり前のことを、もっと世の人は分かって欲しい。分かっているのなら、それを外に向けて確認・判断して欲しい、そして一般に「常識」と思っていたことが、実は一方的な「教育」によって擦り付けられたものだということを理解して欲しい、そのためにも歴史を学び、そして考えつづけて、真の教育や常識に達して欲しい、そんなことを思いました。

 蛇足ですが、北原文野という漫画家の「L6-外を夢みて-」などのPという超能力者の出てくるシリーズのことも思い出しました。こういう話ばかりになってしまってすみません。これも、全体主義の政府によって、超能力者の一部が、世界を破壊する兇惡とされてしまった、という話なので、興味のあるかたは目を通していただけたら、と願います。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細