さらうどん のコメント

ライジング「ゴー宣」読みました。

PCR検査の本来の用途を越えて、魔法のアイテムかアマビエの札の如き崇められ方をしている現状は本当に異常だなと改めて思います。
いつぞや何気なく見ていたバラエティ番組でも、司会者が「出演者の方々には全員、PCR検査を受けて戴きました」「皆さん陰性でした」などと発表していましたし、
他のテレビでもラジオでも「新しい生活様式」とやらを普及させようと必死なようで、うんざりしてしまいます。
取り上げられた世田谷区長の例もそうですが、マスコミに扇動されたトチ狂った権力者が暴走する件が多くて、本当に辟易してしまいます。
世田谷区長はコロナ脳である以前に、グローバリズム脳であるようですね。
アメリカのニューヨーク州の検査を手本にするなどと言う前に、日本でのコロナ感染の実態とアメリカでのコロナ感染の実態、
そして国民皆保険がある日本と、それが無いアメリカ、つまり超格差社会の上、医療費が高くて、貧困層はまともに病院にもかかれない実態がアメリカにあるという現実を踏まえなければなりません。
それをロクに調べもせずに言っているのか、或いは知った上で言っているとすればより悪質ですが、
少なくとも有識者の意見を参考にすると言うのならば、自分の思惑に沿った人ばかりから恣意的に意見をピックアップするのではなく、
幅広く意見を求めるべきで、更に、有識者だからと言って権威主義で見るのではなく、有識者とてまた、一人の人間なのですから、
間違うことも往々にある、という冷静な視点で判断するべきだと思います。

技術がいかに進歩しても、人間はウイルスを完全に抑え込んだり撲滅させることなど出来ず(出来たのは天然痘くらい?)、結局は共生の道を取っていかねばならないのに、
検査を徹底させればもう安心、なんて思うことは本当に浅はかだなと思います。


「トンデモ見聞録」読みました。

コロナに過剰に怯えた人達が最近ことあるごとに「新型コロナは後遺症がヤバい」などと脅して来ますが、その後遺症とやらがどんなものかを聞いてみても「へ?」としか思わず、
普通の風邪でもそんなことは起こりえるし、インフルエンザとかもっとキツい後遺症あるだろうにと思っていたのですが、
自分も漠然と思っていたことを、こうして詳細に調べて書いて下さったので、興味深く読みました。
なんだ、コロナで損傷を受けた肺は3か月で自己修復されるのですね。もともと基礎疾患を抱えていた人は不幸にして重症化してしまう方もおられるとは思いますが、
そうでない方は、やっぱり風邪と同じような感覚で予防に気を付け、罹った時も免疫力で対処出来るんだなと改めて思いました。
しかし重症患者で肺機能障害を患った方も、機能障害は時間と共に改善しているという検証には驚きました。
悪いように悪いように受け取ってしまったり、世間が「コロナ怖い」の空気を醸成してしまっているから、罹った人は実際の症状以上に精神的に追い詰められてしまうのではないかと思います。
そういうことを考えても、マスコミの報道の仕方というのは、本当に重大な影響があるなと改めて思います。
そして、インフルエンザ脳症の恐ろしさ、実際の後遺症についての記事を読ませて戴いて、こういう人の一生に深く影響するような後遺症と比べたら、
今、新型コロナで言われているような「後遺症」って、全然「後遺症」じゃないじゃないかと改めて思いました。

No.139 42ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細