さらうどん のコメント

さらうどん
No.95 (2020/09/26 14:07)
ライジング「ゴー宣」を読みました。

扶桑社に寄せられた「愛読者カード」の文章、どれも読んでいて納得しましたし、また、このコロナの狂騒の為に実際に苦境に立たされている人達の生の声も聞くことが出来て、心を動かされました。
ペンネームを拝見すると、ライジングの購読者の方もおられるようですし、また、初めてお見掛けする方々もいらっしゃいます。
初めてお見掛けする方々の中には、今回のコロナ論で初めて小林先生の漫画を読んだり、或いは久々に読んだ方々もおられるかもしれません。
中には今回のコロナの狂騒で噴出した八つ墓村的な差別に苦しむ人の声もあり、とてもやるせない気持ちです。
プロの音楽家・ミュージシャンの方々からの声もありますが、これを読むと、ステイホームだの言って過ごせている芸能人なんてテレビに出ているごく一部に過ぎないのだなと改めて思います。
中には抱えているスタッフ達を食べさせていく為に無観客配信ライブなどの苦肉の策を取らざるを得ないような人もいるでしょうが、
そういう手段が取れる人もまだ恵まれた立場にある方で、実際には仕事を失って切迫した状況にある人がたくさんいるのだと痛感します。
マスコミ関係に勤める方からの生の声もまた、現在のマスコミ業界の状況の一端を知れて、なるほどそうなのかと思いました。
私は行きつけの某飲食店さんの切羽詰まった話を耳にして、それから、自分なんかの力など微々たるものですが、気がけてそのお店で食事するようにしています。
そのお店はいろいろと知恵を絞って奮闘されていますが、アクリル板の衝立もないし、ノーマスクで普通に入れるし、検温もされないし、当たり前に普通にストレスなく美味しい食事が楽しめます。
あまり詳しく言ってお店が特定されてマスク自警団などに嫌がらせをされる可能性もあるので、詳細は伏せますが。
ピーチ航空の一件以来、こちらでもコロナの全体主義が強まってしまったようで、今まではそうじゃなかったのに、マスクをしないとお店に入れないところになってしまったり、検温されたり、アクリル板の衝立を立てたり、
利用できないテーブルを作って「密」を避けようとしたりとか、もう馬鹿馬鹿しいしひどいものです。
マスクしないと入れないお店や検温されるお店には当分行きません。
しかし、その人達も、是非「コロナ論」を読んで考えて欲しいものです。
戦争論の時の愛読者カードの感想の文章も、小林先生が紹介して下さったものは読ませて戴きました。
戦争論が出版された時は、かつて日本兵として戦った祖父はすでに亡くなっていましたが、今は亡き祖母と戦争論を通じて、当時のことをいろいろ話してもらったり、聞かせてもらったりしたことは本当に有難かったです。
コロナ論が、戦争論や台湾論の時のように、世論を突き動かす漫画として広がって欲しいとファンとして切に思います。


「トンデモ見聞録」を読みました。

元政治家の女性、「このハゲー!」で有名になったあの人ですね。リアルタイムで番組は見ていなかったのですが、そういうやりとりがあったことを木村さんのツイートで知りました。
「生活に困ったら生活保護をもらえばいいじゃん」という声に対しても、生活保護なんてそうそう簡単に認可がおりるものでもないですし、現在のコロナ狂騒によるマスコミと八つ墓村民が作り出した不況については、
本来であればみんなが当たり前に働いて食べて行ける世の中というのがあるべき姿であり、生活保護や給付金で補填されるようなものではないと思います。
まずは経済を滞らせている偽善的なムラ人根性の全体主義に風穴を開けなければなりません。
テグネル博士のインタビュー動画の意訳、ありがとうございます。とても興味深く読まさせていただきました。
マスコミも評論家もこういうことをやってくれないので、泉美先生以外にはこういうことをやってくれる人は誰もいないんじゃないかと思います。
本当は、マスコミでもガンガンやるべきなんですけどね。


追伸:Q&Aありがとうございました。
サブスクは自分もどっちかと言えばアナログな人間なので利用したことがありません。
でも昭和歌謡が流行ってるのは嬉しいです。
芦名星さんが亡くなったのはショックでした。
新・国民民主党、山尾議員の為に応援しようと思います。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細