ニセただし のコメント

ニセただし
No.156 (2020/09/22 12:21)
今日の羽鳥コロナ脳ショー、冒頭のニュースコーナーでは、各地の行楽地が大混雑している様子を流していました。
インタビューされる観光客の中で、家族連れの一人の男性が、
『以前より(新型コロナの感染対策を)みなさんが意識しているから、前ほどは危なくないんじゃないかと思うんですけどね』
話す場面が流れていました。↑↑のテロップの括弧の中、勝手に書き加えてもいいのかなと若干思いました。
この家族の小さい子供もそうでしたが、各地でカメラに映る子供のマスク率は低かったです。子供は感染率が低いと言う情報だけは信用しているのでしょうか。子供にはマスクをさせて欲しくはありませんが。なら大人も外そうよ、と思って見てしまいます。

登山者で賑わう山や、記録的な混雑のキャンプ場の報道のときだけ、現地でカメラを回した映像ではなく、上空から人々の動く様子を映した物、投稿者の動画、おもに遠距離から撮った人の顔が判別出来ない写真などだけで構成していたのは、現場のマスク率の低さをカメラに捉えたくなかったからではないかと感じたのですが…、邪推でしょうか。

青木理
『みんなGoToとか関係なく、行きたいんですよね。今年はゴールデンウイークが、ほとんど機能しなかったので、みんな出掛けたいってのもあって。』

アンタらが機能させなかったんじゃあ、あ~~りませんかあ。

青木理
『あと、もう一つは、僕もそういう気持ちが無いと言えば嘘になるんですけども、秋冬にまたコロナがね、ヤマが来るかも知れないと思うと、これがたぶん絶好のと言うかラストチャンスかなと言うような思いもあると思うんですけれども。VTRの中で、意識されてるって方が居て、まあ物凄く勿論みなさん意識されてるんでしょうけれども…まあ、こういう行動がね、こう~、感染の拡大にちょっと拡がったりとかって言うような事をやっぱり恐れますんでえ、ホントにね、気を付けて頂きたいですよね。』

無いと言えよ。嘘付くなよ。俺は収まったら旅行行くんだから今お前らは大人しくしとけって本心を正直に言え。

しきりに羽鳥の方を見て話す青木理に対して、うなずきながら羽鳥
『そうですね。あのもう完全に、まあ気を緩めてって事はやってはいけない事だとは思うんですけれども、まあ7月、3月に比べると菅野さんやっぱり皆さんおっしゃっているように、それぞれ、まあこういう、対策すれば完璧ではないかも知れないけれども、した方がいいよねと言う意識はほとんどの人が持ってるって言う…』

持たせたもんな。毎日毎日、恐怖を煽って擦り込んだもんな。

情感たっぷり込めた渾身の苦渋の顔芸で菅野
『そうでしょうね。やっぱり全然また、あの時とは状況が違いますからね。みなさんの意識もそうとう、もう、あたし達の意識もそうとう変わってる所で、かつ、こういう~、こういう~、ね、あの、やっぱり~、今回は特に~連休~昨日なんかも天気良かったですしね(笑)、やっぱり出たくなりますよ、特にやっぱりお子さんなんか居るとやっぱり、ず~っと~連休~家の中でなんてやっぱり中々難しいでしょうから~…。特にキャンプは人気みたいですねやっぱり。』

さっぱり何言ってるか分かりません、やっぱり。

羽鳥
『ね、キャンプはまあアウトドアって事もありますけど、ま、ま、あれだけ集まるとどうなのかなって言うのもありますけど。』

能面のような顔の青木理の横で、相槌を打っていた菅野
『はは、そうです、すごい密って感じしましたけどもね(苦笑い)。』

羽鳥
『どうです、玉川さん、この状況は?』

真打ち
『キャンプはいいですよね、外だからね。う~ん。ああいうのは凄くいいと思いますよ。』

羽鳥
『だって、まあ、換気が大事って言う事ですから。』

真打ち
『そう。もう今はやっぱり換気が一番大事って感じになってきましたよね、もうね。で、まあ確かにその第1波の後を考えると6月の末っていうのがワンチャンスぅ…、だったですよね旅行に行くには。』

羽鳥
『はい。一回下がりましたね。』
(感染力が下がったと言う意味だと思います)

真打ち
『だから先の事は分かりませんけれども、やっぱり~、この~、9月10月ってまあ旅行シーズンでもあるわけですよね、寒い時よりも。そうすっと、今だったら!という思いがあ、ここに皆集中したって事かなあって言う気がしますね。』

「今だったら!」のとき「うんうんうん」と言う声をマイクに入れてきた菅野、は置いといて、羽鳥
『はい。やっぱりね、意識は緩めないでいる状態で居ながらも(スゥ~と息を吸い込み)ま、お出掛けしたいって気持ちはやっぱり皆さんあるんだろうと思います。』

他人事で済まされると思うなよ。
コロナを煽りに煽って煽りまくったのは、お前たちなのだから。
つい、この前まで、そうやってたのだから。
6月に緊急事態宣言を解除したにも関わらず、煽りに煽る事をいっこうに止めようとせず、3か月間も煽りに煽り続けて、この連休をこそワンチャンスと思うに至らしめたのは、真打ち…もとい玉川、お前たちだよ。
その事実は、いくらスットボケようとしても、消えない。


番組の冒頭で、気の狂ったオッサンっぽい男が、車のバック運転で延々と煽り運転を、子供連れの女性に仕掛けると言うニュースをやっていました。
被害女性は、相当な恐怖だったと思います。後ろに子供も乗せていたし。
煽り運転のあげく、車から降りて来て因縁を付ける、女性が警察に電話すると、会話を遮ろうと訳の分からない事を言って来たり、さらに自分の車の中から何かを出そうとゴソゴソ始めたり…。
男でも怖いのに、子供連れの女性は、トンデモない恐怖だったでしょう。
で、何を出すかと思えばガラケーを持ち出して来て、逆にパシャパシャ撮影され始めて…。
狂ってます。

このバックで煽り運転男、6月の緊急事態宣言解除で収束する事を許さずバックして来た玉川初めモーニングショーだと思いました。

長文、失礼いたしました。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細