くりんぐ のコメント

くりんぐ
No.152 (2020/09/22 10:36)
毎週ライジング配信ありがとうございますvv
最初の投稿がおかしなことになっていたので、再度投稿いたします。

ゴーマニズム宣言・第389回「お疲れさまの真相」拝見しました。

運命と思い込んでいるものにただただ流され続けるだけの日本人。
凄く情けなくて、ただでさえ皇統問題で多大なご迷惑をお掛けしている天皇陛下に申し訳ない気持ちになります。

日本には、「俺は運命と戦う!そして勝ってみせる!」と宣言し、運命に打ち勝った男がいるのです。戦わずして運命と思い込んでいるものに敗れ去るなど、負ける以上の恥です。

この発言の主は、ちょうど今YouTubeで一週ごとに2話無料放送されている仮面ライダー剣の主人公・剣崎一真です。
仮面ライダー剣は2004(平成16)年~2005(平成17)年に放送された、1万年前に53体の不死の生命体・アンデッドにより自らの種の繁栄をかけて行われたバトルロワイアルことバトルファイトが、封印されたアンデットたちが解放されたために再開されてしまい、アンデットを封印するために剣崎を含めた4人の仮面ライダーが戦う物語です。

その仮面ライダーの中に剣崎が深い友情を築き上げる間柄となる相川始という人物の正体が、どの生物の始祖でもないアンデッド・ジョーカーでした、バトルファイトにおいてこのジョーカーが勝者となった場合には、地球上の生物が全滅するとされていました。

人類の始祖であるヒューマンアンデットの姿を借りて生活している中で、ヒューマンアンデットのうちからの人としての心が生まれた始は、封印されるそのときまで仮面ライダーとして人類のために戦い抜くことを決意していました。その始を救うために剣崎は、自らもジョーカーと化してバトルファイトに参入して再開させ、始に「俺は運命と戦う!そして勝ってみせる!」と言い残し姿を消しました。
この戦いは、「仮面ライダージオウ」で終わりを迎えることになります。剣崎も始も、ジョーカーとしての力を失い、人間として生きていけるようになったのです。剣崎は己の運命と戦い、勝利したのです。

木蘭さんのトンデモ見聞録・第183回「過激化する“感染対策”と、PCRサイクル数の疑惑」拝見しました。

菌・ウイルスまみれのきったないマスクをつけて飛行機に乗られるよりも、CAさんの目の前で手洗い・うがいを徹底的にやった方がよっぽど安全で衛生的ではないでしょうか。

スウェーデンの新コロ対策抗議は、参加者自ら矛盾をさらけ出していますね。
「まず自分たちが距離をとれ!わざわざ抗議活動のために外に出るな!」とツッコミを入れたいです。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細