創作茶魔語(絵無し)千手観音菩薩 のコメント

創作茶魔語(絵無し)千手観音菩薩
No.180 (2020/08/30 12:59)
「凄い作品、読みたくないの?」と・・・
読みたいです!!!✧(’▽’*)♪
『コロナ論』に続き、『コロナ論』第2弾まで読めるなんて、ファンとしてはもう幸せいっぱいです♡♡♡ ॢ(ꈍ∀ꈍ ॢ)モウ♪ステキヨ!ウフン♡

『コロナ論』の感想については、今回は「愛読者カード」を使わさせて頂きました(今週中には出す予定)。
私は自分の字にあまり自信がないのですが、今回ばかりはと。

何ていうか、「よくぞここまで書いて下さった」と『戦争論』の感想を送ってきたという、実際に戦地に赴いたじっちゃんたちの気持ちが今すごく実感できるのが一点。
それと、よしりん先生の驚くべき創造性と、「本の力」に対する揺るぎない信念に応じるには、ちゃんと本名でその方がいいと思いましたのが一点。

それに、いつまでも感傷に浸っている状況にないというのが一点。\\\щ(`皿´щ)///ドチクショウ!
GDPがリーマンショック以上の戦後最悪の落ち込み幅…だというのに、
「でも、コロナ禍だったんだからしょうがないよね~。
それよりも童心に帰って自由研究に勤しんでいたいよね~…」とか、
●「昆虫の標本としやがって!(こいつぅ、のほほんと…)」と。(`””´)9

「『コロナ論』を読んで、自分の中だけで完結させてしまって、もう終わったかのように思い込んでしまった」って、
そやつは一体何考えて生きているんだ???(((∵٥)

ともかく、「コロナ脳」の人たちは基本的に理屈が通用しません。
「人間は考える葦」・・・
思考停止して周りの雰囲気に合わせている方がそりゃ楽でしょうけれど、
考えることを放棄すれば、真夏なのにマスクしてもそれが当たり前となってしまうと・・・
安倍晋三のような肛門破裂爆弾を抱えていた男を、憲政史上最長の期間も宰相にし続けてしまうことになると・・・・
(私の叔母が同じ病気で、家にトイレ3つあると…)
恐ろしい!!嗚呼恐ろしや!!~(。皿°;;)

ですから、自分で考えさせるためにも、「本の力」を信じて、一人でも多く『コロナ論』を手に取らせて読ませる!
これが最も正しい戦略でしょう。(๑•̀ •́)و✧

例えば、木村もりよ氏との対談、“受動的に”聴くよりも、“能動的に”読む方が頭に内容が入りやすいし、後で確認しやすい、というのも「本の力」と言えるかと。

売れ行き絶好調!は実に喜ばしく思いますが、
マスコミの「インフォデミック」に対抗するにはもっともっと、言わば「コロナ論デミック」を起こさなければ!
重版待ちが実にもどかしいですなあ…。


とにかく『コロナ論』をより多くの人にアピールすべし!と。
これまで居心地の悪さに耐えてマスクしなかった皆様方なら、
街中で、職場で、電車で、レストラン等で、ブックカバーなんか着けずに『コロナ論』を堂々と読むくらい平気かと。
といっても、見知らぬ誰か相手よりも、やっぱり先ずは“職場”の方がやりやすいし、色々試しやすいし、効果的かと。

勿論、澄んだ瞳で真剣な眼差しでちょっと落とした声で情熱を込めて、
「君は面白い人だ。僕は君といると本当に楽しいよ。何ていうか元気を貰えるんだ。
そんな君と、これからこの“コロナ禍”をどう過ごしていけばいいか、是非とも語らい合いたいと思って、買ってきたんだ。
この本を君に授けよう。受け取ってくれたまえ。
僕の心よりの感謝の気持ちとして、楽しんでくれたなら幸いだ」とか、
こんなに感じでプレゼントしていくのも、人間関係次第では有効でしょう(↑ちょっとキザ?)。

ルアーフィッシングに、竿先をチョンチョンとやって、魚にルアーをアピール且つ弱った餌の動きを演出する「トゥイッチング」というテクがありますが、
その応用で、『コロナ論』を読みながら「むむ~っ」と唸ったり、「フフフ」と笑ったりして関心を誘う、なんてのも。

協力者がいれば、一人にマスク着けさせて「コロナ脳のサクラ」になってもらって、
「2009年の新型インフル、覚えてる?あの時何が起きたか?その後どうなったか?これに書いてあるんだな♪
そこから今回の新コロがどうなるかもね…」とか。
例えば、『コロナ論』第8章での、よしりん先生とタクシーの運転手のやりとりとかは、そのまま「一問一答式」で使えるかと。


ただ、コロナ脳の人たちはナーバスになっていますので、あまり派手にやるとかえって警戒されてしまうかと。
「山手線ノーマスク」は、『コロナ論』の前によくぞ“悪い見本”を見せてくれたなと。((`∀´))ケケケ

身だしなみの整った清潔感漂う爽やかな好青年が毅然と『コロナ論』を読んでいるからこそ、人々が“安心して”『コロナ論』を信用するのであり、
極端な話、チンピラみたいな格好して、おっかない顔して『コロナ論』論争を喧喧囂囂とやってたら、ただの“嫌がらせ”のようになって逆効果になりかねないでしょう。

あくまでも日常の中で、ナチュラルに『コロナ論』をアピールしていく、
そんな謂わば「静かな運動」こそが、今のところは有効かと。


特に女性が公の場で『コロナ論』を慎ましやかに読んでいたら、効果絶大ではなかろうかと。
例えば、電車の中で女性たちが皆『コロナ論』を読んでいたとしたら……
同調圧力に弱い日本人を逆手に取り、且つF1層に弱いメディアも……みたいな?((*^艸^*))ムフフ♪

制服着た私立小学校の女の子が三人くらい横に並んで、それぞれ『コロナ論』を胸に抱いて真面目な顔で颯爽と歩いてきたら・・・
これはちょっと“ホラー”になっちゃいますか…?=͟͟͞͞(oัωoั ‧̣̥̇ノ)ノ

昔見たある海外ドラマで学んだテクをアレンジしますなら、
…「こないだ公園の木陰のベンチでさ、綺麗な女の人が佇んで、この本を読んでいたさ。
イタズラ好きな風が吹いて、その人の美しい髪がなびいて、木漏れ日にキラキラと反射して、
ああ!今も目に浮かぶその例えようもない美しさ!
突き抜けるような大空に、僕は美の神の勝利の賛歌を永遠にこだまさせたさ。
…だけど、だけど、その人は、その人は泣いていたさ……!
…それでこの本を買ってきたさ♡」とか。
人ってほら、大抵“幻想”に弱いから…。ψ(*´▽`*)ハアッハッハッハ

とは言え、「マスク着用お願いします」とか言ってくるやつには、
「無礼者!この『コロナ論』が目に入らぬか!
マスク警察の天下はもうジ・エンドだ!」(`"´)9
なんて大見得を切ってやりたくなりますなあ。
「へへーっ、参りやした!」なんて。
みんな拍手喝采♪よっしゃ!本屋へ『コロナ論』買いに、それ急げ!と
……そんな安っぽい展開あるかよって?


…とりあえず以上(色々と長くなってしまいましたが…)、こんな感じで研究して楽しませて頂いております。m(_ _)m
今、駅近くの現場で仕事してまして、
仕事間に、人の流れに対して表紙を見せつけるようにして『コロナ論』を読みつつ、道行く人々を観察しておりますが、
しっかし改めて思いますのは、特に若い奴らはスマホばっか見てやがるなぁ!と。。。σ(=皿=#)

それにしても、我々「ゴー宣」読者、「ゴー宣道場」支持者がコロナ脳に罹らなかったのは、
我々に思考停止を許さず、常に考え続けさせ、その上楽しむことをも求め続けたよしりん先生のおかげかと。(^^)ヘケケ
盲目的によしりん先生を信奉し、そしてアップグレードについていけずにアンチに身を落とすような「信者」ではないと、
そこは皆様、誇っていいとコロナ~♪みたいな。❀٩(ˊᗜˋ*)وスゴイゾ!

そんな皆様方のために、より楽しくなる“おまじない”を。
この「『コロナ論』闘争」で培った経験と知恵は、より厄介な「立憲的改憲による自主独立」においても、きっと活かせるものになるのでは?と。
いい予行演習みたいなものか?と、щ(๑•̀ᗜ•́๑)9ソウサ!

…いや、早くこの「コロナ脳」を何とかせねばと思いますので、私ももうなりふり構ってられませんものでして…。f(^^;)ゞ
まだまだ「俺たちは暑い中マスクして頑張っているのに、マスクしないで涼しい顔して、てめ~ふざけやがって!」みたいな怨嗟の視線がビシバシ来ますけれど…。

皆様の健闘をお祈り申し上げます。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細