早雲 のコメント

早雲
No.156 (2020/08/01 22:48)
コロナ論、必ず買います。
この社会の異常さは、今も羽鳥モーニングショーという存在が出来るというのが全て物語っています。
一体、いつまで危険を煽り立てるつもりなのか。
よくある漫画の様に、俺より賢い奴など認めない、俺より強い奴など認めないと独善に走り、最後は悲惨な死を迎えるのかも知れません。
むしろ、そうであってほしいです。

根拠やデータに及ばない、ただの危険の煽りは、昔にある敵国の流言飛語と似ています。
完全に人心を惑わす行為であり、もし敵国であるなら、計略として成功してしまっている。
失業者、自殺者、経済悪化、国力低下…、どれだけ大きく広がるのかわからない。
普通の犯罪レベルでは済まない事をやってしまっている。
今を必死に頑張って生きている人たちに、どんな詫びようがあるというのか。子供たちにどう詫びる気なのか。
先に言わせてもらうが、俺は一生そんな奴らを許さない。

やはり、人間だけは絶対に変わらないものです。絶対に同じような人間が表れます。
いつの時代でも、同じような人間が出てきて、相手を騙そうとする卑劣な人間が表れるものです。

「宗の雄弁家である児説(ゲイエツ)は、白馬は馬ではないという詭弁によって、斉の学者たちを屈服させていた。その彼が、白馬に乗って関所を通った事があった。ところが、やはり馬として通行税を取られた。『すなわち、空論によって国中の学者を屈服させることは出来ても、実物に当たって点検すれば、関所の役人ひとりを騙す事さえできない』」

「(中略)君主が基準を持たずに聞けば、進言する者はでまかせ放題に長広舌をふるうが、基準を持った上で聞けば、どんな知恵者でも失言を恐れ、でたらめは言わない。ところが今の君主は、進言に対して基準を持たず、ただ言葉の巧みさに心を奪われている。功績を基準とせず、ただ行いをほめている。いつになっても君主は騙されるばかりで、口先の巧みな者が甘い汁を吸いつい続けるのだ」

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細