さらうどん のコメント

さらうどん
No.147 (2020/08/01 13:11)
「トンデモ見聞録」読みました。

フジテレビや右派系論壇誌の中にはコロナ脳から脱却しようとしているような向きもあり、辛坊治郎氏などはかなりまともなコメントをするようになっては来ましたが、
ネトウヨの大多数はまだ、大多数のサヨクと同じく「コロナ脳」のようです。
まずネットニュースがコロナ脳どっぷりの記事ばっかりですし、巨大匿名掲示板もまとめサイトも、それに従うようにコロナ脳どっぷりになりますから。
なので未だに感染者が出ること自体を「悪」と捉え、無症状の人もウイルスをばら撒いているからけしからん!と言い出す訳です。
彼らは、陽性者を出した店舗名の公表にも諸手を挙げて賛成しています。

政府は、ウィズコロナでいくと決めたのならグラグラ揺れずにしっかりと方針通りに進んで欲しいものです。
マスコミを懐柔して人気取りに腐心していた首相へのイエスマンで固められてしまっているせいか、
マスコミを懐柔するどころか、マスコミに振り回されるというポピュリズムのみっともなさを全開にしてしまっています。

高市早苗の停波の脅しは、日本の言論空間の自由を狭めることになると思うので私は大反対ですが、
そもそもマスコミがそれを誘ってしまっているような振舞いには頭が痛くなります。

東京の繁華街の様子を泉美先生のブログで知りましたが、自分の住む田舎でも多少窮屈になってしまった実情はあるものの、
やっぱり東京のコロナ脳全体主義の圧力は凄まじいですね。
しかしソープランドで対人距離・・・そりゃ無理やがな!ってツッコミたくなりますよね。
デリヘルも対人距離取ってたんじゃ全く意味ないですからね^^;
しかし歓楽街がどれだけ目の敵にされて無茶苦茶な仕打ちを受けているのかの一端を知ることが出来ました。
兎に角、感染者を出さないという「面目」の為ならどんな手でも使えと言わんばかりの勢いなのでしょう。


ライジング「ゴー宣」読みました。

「ノストラダムスの大予言」50代の自分はテレビや書籍などを通じて直撃で影響を受けた世代です。
本もベストセラーになり、映画まで作られましたが、70年代、80年代のサブカルチャーにも色濃く影響があったので、
そこから間接的に無意識的に影響を受けた部分が大きかった気がします。
もっとも、実際に地球が滅亡するのかどうかと言われたら、
「地球滅ぶらしいから30歳までしか生きられんな~」とか、半分以上ネタ交じりで友人と他愛ない話をすることがあった程度でした。

しかし五島勉の創作が山ほど入ってたんですね。そこら辺は詳しく知らなかったので「へえ~」と思いながら今回のブログを読みました。
1994年のSPA!は自分もたぶん買って読んでたと思います。ゴー宣の初期の頃ですね。
その頃は私は20代半ばでした。
でも当時から「当たる」とは思っていなかった方ですね。「当たったらヤバいな~」とか面白半分に捉えてたクチでした。
それにしてもこんなトンデモな人が作り出したものを真に受けてなくてよかったです。

そんな五島勉がやったような手口をテレビの情報番組を使ってやっている者の罪は大きいですね。
私は相変わらずモーニングショーは見ないと決めたので見ていないのですが、それでも夜のニュースもコロナ!コロナ!で、
フジ系のニュースがやや煽りのトーンが薄めというくらいで、あとはどこも似たり寄ったりでゲンナリです。
思えばオウム報道の時も各局おかしくなっていましたが、それを何だか思い出させます。

追伸:Q&Aありがとうございます。
市川由紀乃さんの曲は、よしりん先生が漫画でとりあげたことをきっかけに少しずつ聞いてみるようになりました。
テレビ番組の件は気になったので質問してみたのですが、許可されてたということで安心しました。
他の方々の質問と先生の回答では、エリン猫さんの質問と回答が印象に残りました。
ネトウヨの人達も、youtubeの視聴者が何万人もいたりするようですから、是非全体主義と率先して戦ってみられたらいいと思います。

コロナ論の発売、楽しみです。私は地元の書店で購入する予定です。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細