anamochi のコメント

anamochi
No.29 (2019/11/27 10:35)
今回のライジングでは「巨悪は目指すべき目標か、結果としての副産物か」「伝統というバランス感覚」を考えさせられた
巨悪なんかない方がいいに決まってる。しかし「巨悪」と呼ばれるような状態になれるくらいのタフさズルさ強かさは国や政治には必要なのだ
その上でもし本当に巨悪がいたならそれを叩く別の力も必要なのだ、という意味に受け取った
「必要悪は許されないところまで含めて必要だ」矛盾の一言で片づけられない悲しいどうしようもなさがあるのね
せめてその悲しさだけは忘れないようにしよう

「茅葺きか、板葺きか」質素倹約に拘って板葺きに変えるか、高森さんが語ってこられたとおり「清浄さとしての原初の形」に拘るか、
安くしようと思えばそれこそ使い捨てのベニヤのセットでも構わない。しかしそれでは済まないものがあるからこそ茅葺き板葺き「という一つを取っても」ギリギリ拘った
まさに「伝統とはバランス感覚」。

自分の答えは「金は掛けるべきところ掛けるべき時には勇気をもって掛けるべき」「金を右から左に移せ」でした
行き過ぎた倹約精神は貧乏臭に変わり「文字通り一世一代の儀式なのにこんなのしかできないのか、あ~あ・…」と見る者を消沈させてしまう
行き過ぎた絢爛は品性の劣化を生んで「なんだかなあ…」と見る者に疑問符を与えてしまう
儀式の意義を見失わない「バランス感覚」、それに基づいた予算配分を実現するための「右で無駄にかけてる金をスッと左に持ってくる即決と柔軟性」
大事な物が見えました

木蘭どんの童話の話は「原点に近い物と、時代によって変化した=磨かれてきたともいえる物と、正しいのはどっちだろう?」と考えさせられるなあ
アナ雪は白雪姫ともシンデレラとも別の話だから完全には当てはまらんけど
ちなみに日本だとお姫様を助けるのは王子以外の男な場合が多い気がする。勇者だったり忍者だったり配管工のおっさんだったり
こういうとこにも国民性が出るのかなあ

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細