dai のコメント

dai
No.207 (2017/09/24 20:20)
【総選挙集計を終えて】
これでやっと、コメントの掲載が終了しました。

この企画があれだけの盛況に終わったのは、よしりん先生及びよしりん企画の方々のご理解はもとより、カレーさんのアドバイス、何よりも皆様のご協力があってこそです。
そして、九州設営隊のサポート、中でもHP担当のYさん、彼の力が無くては、投票フォームやその集計作業はできませんでした。

改めて、この企画に関わった全ての皆様に感謝申し上げます。

さて、集計作業をすると、大東亜論の登場人物の多さはもとより、その誰もが魅力的なことに驚かされます。実在の人物だけでなく、オリジナルキャラも他を喰ってしまうくらいのインパクトの強さがあります。

なぜ、彼らは魅力的か?それは、おそらく歴史における自分の役割を知っていて、そこに向けて、全身全霊を賭けて行動したからじゃないかと思います。(ただ、昔の人は「役割」ではなく、「天命」と言ったはずですが)

例えば、岡りな。
けろ坊さんは、「日本のウーマンリブの先駆けになり得た女性が、一人の男を支えて消えていったというエピソードはとても印象的で、岡りなの心情や作者の意図など、いろんな角度から考えさせられます。」とコメントしている通り、、確かに頭山と植木を手玉にとる強かな彼女と奈良原に寄り添う彼女と全く別人の行動のように見えます。「作者の意図」、それはまだ分からないのですが、それでも彼女らしいと思ってしまいます。

それと、伴野十蔵。
彼の死は、「勝利の自死」だと思います。密偵として、数多くの人の弱さ、醜さを見た彼は、自由民権は成就しないことを確信。しかし、それは自分が不要となったことも意味します。自らの始末を賭けて、選んだ相手が頭山だったということでしょう。

勿論、来島も箱田も「天命」による死であり、頭山が生き続け、政治に影響を及ぼしてきたのもそれでしょう。
自らの思想、行動、時には命すらも矢に乗せて、「天命」に向けてギリギリと弓を引き絞るその真摯さ、佇まい、それらは確かに僕らを惹き付けるものがありました。

しかし、物語を読む僕らにとっては、馴染みの人の別れを数多く経験することになります。それは、本当に残念で、来島、箱田には誰かの夢に出てきて叱咤激励などしてほしいし、岡りなには奈良原の回想に出て、思う存分暴れてほしい、そして、伴野には怨霊になって頭山たちの前に立ちはだかってほしいなどと思ってしまいます…。

しかし、一方で今後、玄洋社がアジアに活動を広げるにつれ、魅力的な人物がどんどん出てくるでしょうし、岡りなを越えるキャラも出てくるかも知らない、勿論、頭山や金玉均などの益々の活躍も期待される第四部が楽しみです。


…と、よしりん先生にプレッシャーをかけたところで(笑)、第二回大東亜論総選挙を終了します。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細