dai のコメント

dai
No.185 (2017/09/23 17:34)
■奈良原至と共に旅に出たオカリナは美しかった。マジで結婚したい。(クリリンがやって来たさん)
■「奈良原至の決意」で感銘を受けました。それ以前の章でも「なんてしたたかな女だ」と驚愕していました。(卵かけご飯さん)

■可愛くて、賢くて、強くて、インパクト大。(mayuさん)

■可愛いからです。(タヒガシさん)
■醜女と言われ、親からは疎ましがられ、おそらくは周りに理解しあえる友人も無く、極貧にあえぎ、若くして死んでしまう。これだけ見ると不幸の極致ですが、作中の岡りなは、これほど有意義で幸せな人生を歩んだ人がどれだけいるだろうかと思わせるほど活き活きとした存在でした。最後の2コマ、史実における奈良原の妻の話とタンポポの絵は何度見ても目頭が熱くなります。男ばかりの登場人物の中に岡りながいることで、絵的にもストーリー・ギャグ展開的にも広がりが増したと思います。その上、頭山と植木の思想の違いを鮮明にしたり、自由民権の危うさを体現したり、自由民権といいつつ女性は公論の場から排除されていた明治の風潮を際立たせたりと、いくつもの役割を負わせつつそれらをまったく自然に面白く、物語に昇華していった構成は見事の一言に尽きます。(きーのさん)
■腹の中で何を考えているのか分からなさそうなキャラがいいです。(KAWAさん)

■日本のウーマンリブの先駆けになり得た女性が、一人の男を支えて消えていったというエピソードはとても印象的で、岡りなの心情や作者の意図など、いろんな角度から考えさせられます。(けろ坊さん)

■強烈な架空人物(古谷さん)
■どうしても初見のインパクトで選んでしまいます。複数回答可ならもっと考えるかも。(がんTさん)

■岡りなに1票お願いします。いろいろ考えましたがあの強烈なキャラクターは私の他の人への投票を許しませんでした。(hiroさん)


※僕は岡りなに投票しました。実在のそれもキャラの濃い面々に囲まれて、この存在感!さすがです。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

小林よしのりチャンネル

小林よしのりチャンネル

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細