今週の牛沢

個人的には大切なお知らせ。少し湿っぽくなりますが

2019/01/20 19:00 投稿

コメント:158

  • タグ:
  • 登録タグはありません
  • タグ:
  • 登録タグはありません


人によってはあまり興味無い話かもしれませんが、皆さんにはお伝えしなくてはいけないと思ったので報告させていただきます。


デグーという動物の「こむぎ」という名のペットと一緒に暮らしていたのですが、1ヶ月半ほど前に息を引き取りました。
f4c7ea4bee854d59c3527959c13327f0991f7f25


年齢は4歳と9ヶ月程でした。
デグーの寿命は個体差ありますが飼育下では6~8歳前後と言われており、5歳くらいから衰えが始まると言われてるので人間に当てはめると中年くらいでしょうか。亡くなってもおかしくない年齢ではありますがまだ少し若くして眠りについてしまいました。

ある日の夜に突然元気が無くなり、翌日の朝一番で病院に駆け込もうと思っていたのですが(犬や猫と違ってこういった小動物を対象に24時間受付けている病院はほとんど無いので)、朝まで持たずに息を引き取りました。昼までは食欲もあり普段通りの様子に見えたので突然の事でした。

受診もできず急死してしまったので直接の原因はわかりませんでしたが、幼い頃から小柄で家に来てからすぐ真菌症(カビの一種)にかかっている事がわかったり、大人になってからも平均的なデグーよりはかなり小柄だったので生まれつき体の弱い子だったのかもしれません。

ですが様子の変化に早い段階で気付いていれば病院の受診時間に間に合ったかもしれないのに、ともやはり思います。
野生下では敵の多い小動物ほど不調を悟られないようにするとは言いますが、不調がはっきり表に出るまで全く気付かず彼には本当に申し訳ない。

ペットと暮らしている以上、こうなった時の事を考えた事は当然ありますが「家族とは言っても人間とは違うんだし泣いたりはしないだろうな」なんて正直思っていました。
しかしいざこうなると恥ずかしいのですが大泣きでした。こんなに泣いた事あったっけというくらい泣きました。
子供の頃に姉がハムスターを飼っていた事はありますが当時は私の方はあまりペットに関心がなく、自分の意志で初めて一緒に暮らしたペットがこむぎだったのでこんなに悲しいものかと衝撃を受けています。
天国とか全く信じてないし「向こうで幸せにやってるよ」みたいな表現に今まで賛同した事は無かったのですが、今はそうであって欲しいなと思います。
小柄で臆病でしたが人にはべったりで一度も人に噛みついた事の無い穏やかな奴でした。
こむぎを通してデグーという生き物そのものにも惚れてしまったのでまたそのうちデグーと暮らせたらいいなと思います。

現在この記事は彼が亡くなった翌日に書いており、皆さんにはすぐにでも報告したいと思っているのですが、そうすると動画でも生放送でもやたらと心配されてしまって湿っぽい感じになってしまい楽しめなくなるような気がしたので、しばらく経ってから公開するつもりで書いています。

今は走り回る彼をもう見る事ができないという事実で頭がいっぱいですが、記事を公開する頃にはしっかり気持ちの整理ができているはずなので心配はしないでいただけると嬉しいです。


5年近くの間、一緒にこむぎを愛していただいて本当にありがとうございました。


6151782a88d7a37b1dced68f7726146a33b7dbe5

ce0379a55c950f730a2bb5c18785116ae39be1da

8bb802b71a978f8ab11e3e28e6a10a0762d0ae97

b46e91ac053f0f2f5cadbb729d898703f9920ca8

bdbe90db6c6a6c69c1308fac6b7b1c65e7938e65

bdffd1824ebe3d931b54f3109e400f2484d32d48

b04b1fb71395f433b25520084a476f41c4c5da5b

1d9d5619ae5dc301edc7cd7b04e5806d827cf49a

55be4b4cfe2aac40e122c4fe266aa66012eaa3b2

3dd92c1ab333abd26ea7e0145e0894f2621a9c69

74e54644b0db01e0b201091f27a92aacb0036847

12479c4e95bd2c52c8b063a9858ccd67752f35f9

2069f872368b6f95972d0e41a8eda79fbfdd8a1c

57006f34c999f466869235fcaf3feb974f1dfbe6

4cbb035ee99c6920a975bb4284c0fbeb2a9cbc2b

ca0e1ef82d5a7db0a200ce1593b26a5f272b7ce9

210b401427e5307d8abc9de36878883f599b2c16

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

今週の牛沢

牛沢

月額:¥550 (税込)

コメント

naoh(ナオ)
No.160 (2019/11/11 22:38)
写真素敵で、どれだけ小麦くんが愛されていたのか伝わってきます。きっと、とっても幸せだったでしょうね。ご冥府お祈りしております。
ずずずです。
No.162 (2020/04/28 04:43)
私も今猫を10年ほど飼っていてもうすぐお別れが来る思うととても寂しいです。うっしーの文を読んで私も今までは泣かないだろうと思っていたけど絶対泣くと思います。こむぎくんのようにさくら(愛猫の名前)を今まで以上に愛してあげたいと思います。チンチラのひなたくんもうっしーに愛されて育っているのが嬉しいです。頑張ってくださいね。
naa¨̮ mi
No.163 (2020/05/29 22:27)
私も小学生の頃に初めて飼った猫を失いました。元々捨てられてた猫を兄がひろってきて、
飼い始めたのですが、洗濯物を干してる間に窓から逃走なんて、よくあって数日後には家に帰ってくるのですが、毎回怪我をして帰ってきて、病院にいってを、くりかえしていて、
歳をとって全然逃走しなくなったかわりに
私を背中から飛びついてくるようになり、
何度も驚かせられた猫でした。
少しドジなとこもある猫でしたが、
すごく可愛くて、可愛がっていました。
最後はリビングで皆に見守られていきました。
すごく、悲しいものですよね。
でも、その子がくれた思い出や、癒しは
宝物になるし、私の家では今でもリビングに
その子に着けていた首輪をかざってます。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

牛沢の牛沢まみれ

牛沢の牛沢まみれ

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細