音楽プロデューサー 津田直士の 「人生は映画 主人公はあなた」

『Innocent Eyes』 90〜 ToshlやYOSHIKIの人気と活動に僕が期待を寄せる理由

2019/09/07 14:30 投稿

コメント:2

  • タグ:
  • Innocent_Eyes
  • 津田直士
  • XJAPAN
  • YOSHIKI
  • Toshl

 Toshlのマスカレイド・展が周りで話題になっていて、観た人の感動や喜びをよく聞く。
 
 YOSHIKIのドキュメンタリー映画に関する情報や、12公演行われたディナーショーを生で観た人の感動に納得する。
 
 二人がこのようにそれぞれ自分らしい活動を展開して、多くの人達に幸せを与えていることがとても嬉しいのだが、僕が嬉しいと感じる理由は、ただ二人が元気に活動しているから・・・だけではない。
 
 エンターテインメントの本質に関わる、もう少し深い理由があるのだ。
 
 今回はそのことについて書いてみたい。




 先日、あるアニメ映画を観ていて、途中から水晶(僕の音楽ユニットI.o.Youのパートナー)と随分深い話になってしまい、観るのを中断してしまった。
 
 その映画は、人気のある監督の作品で興行成績も悪くないのだが、僕も水晶もその作品の「浅さ」に酷く落胆したのだった。

 ティムバートン監督や宮崎駿監督のアニメ作品が、見事なほど人間のリアリティーを描き出しているのに対して、その作品の描写にはリアリティーが極端に欠落していて、これまで日本のアニメ界が築き上げてきた豊かな文化の中から、ストーリー進行に必要な要素を、ただ引用して繋ぎ合わせただけの作品のように感じられたからだ。
 
 実際、その作品には至る所に宮崎駿監督による名作からの引用があった。
 
 ストーリー自体も先が読める程度の内容なので、ただ「画が美しい」だけが取り柄の作品を観続ける気には、二人とも到底なれなかったのだった。
 
 その後で僕たちは、この程度の作品がまともな興行成績をあげ、歓迎されるような今の日本の状況について話し続けた。
 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

YOSHIKIもToshIも過去も現在もずっと見られてる津田さん、、、本質を知ってるだけに津田さんの ひとこと ひとことが心に響きます。
これからもX JAPANを応援していきます。

No.1 27ヶ月前
userPhoto 津田直士
(著者)

>>1
素敵なコメントありがとう。
とても嬉しいです。

No.3 27ヶ月前
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

音楽プロデューサー 津田直士チャンネル

音楽プロデューサー 津田直士チャンネル

月額
¥330  (税込)
このチャンネルの詳細