りゃん のコメント

りゃん
No.3 (2021/06/19 18:23)
最近の孫崎さんの記事からG7サミットの共同宣言をもう一度みてみよう。
いちいち再掲はしないので、孫崎さんの記事をみてほしい。
https://ch.nicovideo.jp/magosaki/blomaga/ar2028823

①は台湾海峡の両岸問題の平和的解決を促している。②は尖閣もふくめた東シナ海・南シナ海において現状を変更し、緊張を高めるあらゆる一方的な試みに反対している。

別に中国だけに適用されるルールではない。あらゆる国がこのルールによらなけらばならない。まさに非戦であり、このルールに反対するヒトビトは、現在の中国の東アジアにおける戦力的優位に乗じて、台湾海峡で中国による戦争的解決を望み、尖閣等での中国の一方的な試みに賛成する、戦争をしたくてしたくてハァハァしているヒトビトだ。

とくに➁は、孫崎さんの「尖閣棚上げ論」に通ずるものがあり、もしも「尖閣棚上げ論」に賛成するものが➁をうけいれないなら、重大な自己矛盾だ。

③④も、人権を守れ、強制労働をやめろといってるのであり、中国が人権を守り、強制労働をさせていないのなら、堂々とそのように反論し、かつ、ジャーナリズムに自由に取材させればいいだけのことだ。

ところが、巷間、G7サミットの共同宣言は中国に対して強硬姿勢が示されているものだと受け止められている。これはつまり、もともとの中国の態度がいかに異常であったかということだ。だから、①➁③④のようなごくふつうのルールが中国に厳しいことになるのだ。

G7サミットの共同宣言のテーマは、①➁③④にあらわれているごくふつうのルールを守る国に中国はなってほしい、というものであった。

ところが、日本に中国に遠慮して、ウイグルに対する人権決議にも賛成できない政党がある。自民党と公明党だ。きたるべき総選挙では、このふたつが大幅に議席を失うことをわたしは心底望んでいる。

一方、ふだん自民党をけなしているが、実際の客観的行動はかくれ二階派なヒトビトは、今こそ自民党を応援すべきときなのであろう。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

孫崎享チャンネル

孫崎享チャンネル

月額
¥110  (税込)
このチャンネルの詳細