ニコニコチャンネルメニュー

マクガイヤーチャンネル

マクガイヤーチャンネル

マクガイヤーチャンネル 第15号 【『パトレイバーと押井守実写映画地獄』予習編】

2015/05/18 07:00 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • Dr.マクガイヤー
  • 評論
  • 押井守
  • 映画
  • アニメ

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マクガイヤーチャンネル 第15号 2015/5/18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


早いもので、5月2回目のニコ生放送が迫って参りました。

次回は『パトレイバーと押井守実写映画地獄』と題して実写版パトレイバーと押井守の監督した実写映画をテーマにお送りする予定です。



なぜ「地獄」なのか?

押井守は毀誉褒貶の激しい映画監督です。

時に「世界的な映像作家」と持ち上げられることもあれば、時に「稀代の詐欺師監督」「惜しいまもる」「犬監督」……とディスられまくることもあります。最後は蔑称じゃありませんが。


これまで、マクガイヤーチャンネルでは「映画監督」をテーマにお送りしたことが何回かあります。

ポール・バーホーベンアレハンドロ・ホドロフスキー北野武……この並びに押井守が加わると、まるで「日本が誇る世界的カルト監督!」のように思われる方もいるかもしれません。

その理解は、はっきり言って正しいです。押井守は、ゴダールや寺山修司への傾倒をひくまでもなく、塚本晋也や黒沢清と並び称されるカルト監督だと思います。が、これは「地獄」の説明になりませんね。


自分が映画監督としての押井守の存在をはっきりと認識したのは『機動警察パトレイバー the Movie』でした。今は亡き川崎国際劇場という、ソープ街と競馬場まですぐそこな、いかにも場末といった雰囲気が濃厚に漂う映画館で観ました。

a8efd56ee0fa9da47f6e5d3bb9f0ad635fb6078f

ず、ニヤリと笑った男が何故かジャンプする謎のシーンの後、暴走する異形のレイバーを空挺レイバーが追跡しつつ、スタッフの名前がクレジットされるスタイリッシュな冒頭で、一気に引き込まれました。アクション映画なら冒頭にこういった「つかみ」のシーンを置くのは当たり前の構成ですが、アニメで、しかもスタッフクレジットを交えてこれをやるというのは見たことがありませんでした。そういや、ここに出てくるHAL-X10のガレージキットが欲しくて欲しくてたまらなかったのですが、遂に手に入れられなかったなあ。

その後、OVA版ではついぞみられなかったレイバーのアクションシーンの他に、実写映画におけるカメラのレンズを意識させるシーンや、当時珍しかったパソコンモニターに映されるオペレーション画像による演出、誰もが驚く犯人の正体などが描写されます。いかにも押井守といった衒学チックな台詞は別として、これらはその後のアニメや実写映画で散々パクられることになりました。

最も驚いたのは、映画最大の見せ場が、二人の刑事が「喪われつつある東京」を散策し、犯人の動機を解明するシーンであるという点でした。「パトレイバー」というシリーズのレギュラーでもなんでもない二人の刑事が、バブル景気における建設ラッシュにより廃墟と化していく「戦後」的風景の中を彷徨う――それを、ハイパーリアルな作画と川井憲次の音楽だけという、まるきり台詞なしのモンタージュでみせられるのです。

当然、これだけではエンターテイメントにならないでしょう。だからこそ、最後に「方舟(という、うみほたるのデカいやつみたいな「海上プラットフォーム」)」への突入という「アクション映画としてのクライマックス」を置き、血沸き肉踊るアクションシーンを置く周到さ。そして、前述した「犯人の正体」。

世の中にはこんなにも面白い映画があるのかと、中学生だった自分には衝撃でした。多分、映画館の雰囲気も含めての衝撃だったのかもしれませんが。

人によっては、同じような経験を『うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー』『GHOST IN THE SHELL/攻殻機動隊』でしたことがあるかもしれませんね。早い話、ここに一匹のオシイストが誕生したわけです(笑)。


そういうわけで、以後も押井守の映画を求めて単館系の映画館を彷徨うことになりました。お仲間である観客はおしなべて、土色の服を着て、フケと油まじりのロンゲを後頭部で縛ったり、ビン底のような眼鏡をかけている、自分の十年後、二十年後を想像させるようなオタクばかりでした。

この傾向が変わってきたのが『アヴァロン』です。おそらく『攻殻機動隊』のヒットで「世界の押井守」になったことが影響したのでしょう。(これまた今は亡き)新宿ミラノという大劇場に、これまで皆無だった女性客がたんまりいて、心底驚きました。
11f9dd6ba73a02289099bc701e0c3e7d365bf650

終映後、彼女たちが「なんかよく分からなかったねー」「ねー」と呟きあってたのを今でも覚えています。


ま、これは「地獄」というには大げさです。自分は『マトリックス』でも『桐島、部活やめるってよ』でも「なんかよく分からなかったねー女子」を見かけました。


最も印象深かったのは、映画『立喰師列伝』の時です。

7f111e223090e31f0dab93869337e7d32d487efd


観たことがある人はご存知だと思いますが、この映画は押井守にとって永遠のテーマである「現実と虚構」「立ち食い」「戦後的風景」……などを押井守お得意の衒学的センスに溢れる薀蓄話満載で綴った原作本を、内トラ満載のモキュメンタリースタイルで映像化した作品です。鈴木敏夫が『キラーズ』に続いて惨殺されたり、品田冬樹が「ロリペド野郎!」となじられたりするさまが、笑える人には大爆笑できる傑作映画でした。

ところが本作、東京ではなんと渋谷のシネクイントで上映されました。日本でも特有のオシャレスポットである渋谷の、サブカル総本山的なパルコの最上階にあるシネクイントです。

結果、煮染めたようなオタクと、青山学院からやってきたようなゆるふわ女子とが、ビルの最上階で邂逅することとなります。


上映前、館内への入場を待つ行列にて、事件は起こりました。


「ワタシ、押井守の映画観るの初めてなのー!」「楽しみだねー」「ねー」

……等々と、はしゃぐゆるふわ女子。

そこに、土色の服を着て、フケと油まじりのロンゲを後頭部で縛って、炭水化物で肥えたオタク二人組が罵声を浴びせました。


「ピーチクパーチクうるせーんだよ! オマエに分かるのか!」


自分は顔から火が出るほど恥ずかしかったです。何故なら、自分も同じように感じていたから。

そして、自分も「おれは他のオシイストとは違うオシイストだ」「おれが押井守のことを一番理解してるんだ!」みたいな、キモい思い込みに囚われていることを実感しました。

ここは「地獄」だな、そう思いました。



……しかし、そこはまだ「地獄」の入り口だったのです。

いや、辺獄もしくは煉獄かな?

続きは放送で!



本メルマガについては、TwitterやFacebookやブログ等で話題にして頂けると、宣伝になるのでとてもありがたいです。常識の範囲内で引用やコピペによる紹介もして頂いて構いません。でも、全文コピペは勘弁な!



Dr.マクガイヤー
Twitter : https://twitter.com/angusmacgyer
ブログ : http://d.hatena.ne.jp/macgyer/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マクガイヤーチャンネル 第15号 2015/5/18
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
企画編集:Dr.マクガイヤー
     平野建太

発  行:株式会社タチワニ
and
Special Thanks To 読者のあなた
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) AngusMacgyer. All Rights Reserved. 
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■お問い合わせ
有料メルマガの購読、課金、メール未達に関するお問い合わせは、
『ニコニコヘルプ』のページよりお願いします

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

マクガイヤーチャンネル

Dr.マクガイヤー

月額:¥330 (税込)

コメント

mToTm
No.1 (2015/05/18 21:40)
自分が一番、押井作品を理解している・・・というのは、押井病患者に共通してる気がする・・・orz
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事