マクガイヤーチャンネル

【第299号】男が『魔女見習いをさがして』を観る理由

2020/11/25 07:00 投稿

  • タグ:
  • Dr.マクガイヤー
  • 評論
  • 映画
  • アニメ
  • おジャ魔女どれみ
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マクガイヤーチャンネル 第299号 2020/11/25
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

おはようございます。マクガイヤーです。

連休中に掃除が終わるかと思っていたのですが、本棚が常に崩れるという謎の現象が起き、遂に終わりませんでした。本をもうちょっと処分するかーー。



マクガイヤーチャンネルの今後の放送予定は以下のようになっております。



〇11月30日(月)19時~「ドキュメンタリーは嘘をつく――推しドキュメンタリー特集――」(日程が変更になりました。ご注意下さい)

『れいわ一揆』『はりぼて』『なぜ君は総理大臣になれないのか』……ドキュメンタリー映画の力作が相次いで映画館で公開されています。

『ザ・ノンフィクション』『ドキュメント72時間』『NNNドキュメント』といったテレビのドキュメンタリー番組も長い間人気です。

そこで(というわけでもありませんが)、ドキュメンタリー番組とはなにかについて総括しつつ、「推しドキュメンタリー作品」について紹介しあうようなニコ生を行います。

ゲストとしてお友達の編集者のしまさん(https://twitter.com/shimashima90pun)をお迎えしてお送り致します。



〇12月20日(日)19時~「理想のウルトラマンと『ウルトラマンZ』」

6月より放送開始された『ウルトラマンZ』、いわゆるニュージェネレーションシリーズの最新作ですが、過去のシリーズでは『X』『オーブ』でメイン監督を務めてきた田口清隆が本作ではシリーズ構成を務め、映像面でも文芸面でも見どころの多い話題作です。来年夏に庵野秀明企画・脚本、樋口真嗣監督による『シン・ウルトラマン』が公開されますが、10年・20年後にテレビ番組としての「ウルトラマン」を本当に変えたと評価されるのは本作かもしれません。

そこで、映像作品としての「ウルトラマン」を振り返りつつ、『ウルトラマンZ』について解説する番組を行います。

ゲストとしてお友達のナオト(https://twitter.com/Triumph_march)さんをお迎えしてお送り致します。



〇12月28日(月)19時~「Dr.マクガイヤーのオタ忘年会スターウォーズ2020」

例年お楽しみ頂いている「オタ忘年会」。

2020年に語り残したオタク的トピックスやアイテムについて独断と偏見で語りまくる予定ですが、今年もほとんどの時間を割いて『スター・ウォーズ』……というか、『クローン・ウォーズ』『マンダロリアン』について語ることになると思います。

ゲストとして編集者のしまさん(https://twitter.com/shimashima90pun)をお迎えしてお送り致します。



ちなみに過去の忘年会動画はこちらになります。

2019年

2018年

2017年

2016年

2015年

2014年

2013年




〇藤子不二雄Ⓐ、藤子・F・不二雄の作品評論・解説本の通販をしています

当ブロマガの連載をまとめた藤子不二雄Ⓐ作品評論・解説本『本当はFより面白い藤子不二雄Ⓐの話~~童貞と変身と文学青年~~』の通販をしております。

https://macgyer.base.shop/items/19751109


また、売り切れになっていた『大長編ドラえもん』解説本『大長編ドラえもん徹底解説〜科学と冒険小説と創世記からよむ藤子・F・不二雄〜』ですが、この度電子書籍としてpdfファイルを販売することになりました。

https://macgyer.base.shop/items/25929849


合わせてお楽しみ下さい。




さて、今回のブロマガですが、前回のニコ生でもお話した『魔女見習いをさがして』について書かせて下さい。




●「ポスター詐欺」について

すいません、ちょっとニコ生でお話した『魔女見習いをさがして』のポスターについて訂正させて下さい。

最初いかにもおジャ魔女たちが出るようなポスターが発表され、その後『おジャ魔女どれみ』というテレビ番組を子供の頃に観ていた若い女性たちを描く話になることが分かり、「ポスター詐欺」みたいなことを自分は話したのですが、そういうことではなかったようです。


3a767860109cf222c5b6c80daf8854953c90398d

まず、最初に発表されたのが月に6+3人の魔女見習いのシルエットが浮かぶヴィジュアルです。この時点で主役はどれみ達6人ではなく、映画独自の成人女性3人であることが発表されていました。


ce535df1ed6014854f0e5459d04e80925fd14ed0

次に発表されたのがこのポスターで、主役は映画独自の3人であることがはっきりと示されています。奥に小さくどれみ達が描かれていて、これは映画の立ち位置そのものです。5/15公開となっているので、まだ新型コロナによる延期前のものですね。


a6bd715f37bb52331f4942ef0f230416b7f9bd89

公開が延期になった後、9月ごろに出てきたのがこのポスターです。映画の主人公3人に加えて、どれみ達6人が目立つように書かれています。「詐欺」といっているのはこの頃に映画のことを知った層ではないでしょうか


……というようなことを、いつも番組の感想をTwitterで呟いてくれている鉄鋼砲さん(https://twitter.com/tetukouhou)に教えて頂きました。ありがとうございました。



『ブリグズビーベア』『劇画オバQ』

で、映画の内容なのですが、まぁ面白いわけですよ。

子供の頃に『おジャ魔女』を観ていた年齢も職業も住んでいる土地も違う若い女性3人が、聖地巡礼をきっかけに出会い、オタ仲間になり、休みごとに全国各地の『おジャ魔女』聖地巡礼旅を温泉や酒や食事と共に楽しみつつ、それぞれが抱える人生の悩みや壁や問題に向き合ったりするというのがお話です。

これだけ聞くと、まるで電通が企画した『おもひでぽろぽろ』みたいな感じかと想像する方もおられるかもしれません。が、さすがに東映が農家の嫁になったら全て解決するような作品を作るわけがないのでした。どちらかといえば、途中までは『ブリグズビーベア』を連想しつつ、鑑賞後にじっくり考えてみると、明るい雰囲気で終わるけど実のところ『劇画オバQ』だったのではないかとゾッとする作品でした。


他作品の名前を挙げてもピンとこないかもしれないので、具体的に書くと、まず主役3人の設定が良いです。


・一流貿易商社で働く27歳の帰国子女、吉月ミレ。

・教師を目指す22歳の大学生、長瀬ソラ

・両親が離婚した過去を持ち、絵画修復士になるためバイトに励む20歳のフリーター、川谷レイカ。


おんぷやももこが思っていることをすぐ口に出してしまいトラブルを巻き起こしていたこと、はづきが優等生である一方頑固な面も持っていたこと、あいこの家庭がシングルファーザーであったこと、あいこが大阪弁、ももこが英語混じりの日本語を話していたこと、どれみが続編となる小説版では教師になろうとしていたこと……などを覚えているファンは、ニヤニヤしないわけがありません。また、中盤では各キャラクターの恋愛エピソードを連想する展開があります。

つまり、キャラクターは違えども、『おジャ魔女どれみ』本編を連想する展開や要素がしっかり盛り込まれているわけです。キャラクターを象徴する色として、ミレはあいこ、ソラははづき、レイカはどれみと同じものが使われているのですが、抱える問題や要素はシャッフルされており、それぞれが憧れるであろうキャラクターを「推し」としているのも憎いところです。

 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

マクガイヤーチャンネル

マクガイヤーチャンネル

月額
¥330  (税込)
このチャンネルの詳細