妄’ のコメント

妄’
No.81 (2013/08/19 23:09)
ある時、マンガの神様が街中を闊歩していると、中年の漫画家が民衆に石を投げつけられていた。
なぜこんなことをしているのかと、民衆の一人に問うと、
「このピョコタンとかいう漫画家は、無名のくせに大御所に混じって小学館の壁に落書きをしたんです。許せない」と答えた。
それを聞いたマンガの神様は民衆にこう言った。
「ならばしかたがない。続けなさい」
そしてこう続けた。
「ただし、小学館の壁にある落書きを見て、誰が書いてるかが全てわかる者だけ、ピョコタンに石をぶつけなさい」
若者は、とまどい、やがて一人また一人とその場を離れ、石をぶつけているのはマンガの神様ただ一人だけとなった。

このコメントは以下の記事についています

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

『ライフログ』生主ブロマガ

『ライフログ』生主ブロマガ

月額
¥110  (税込)
このチャンネルの詳細