|久野潤チャンネルブロマガ

台湾研修旅行の二日目。本島最南端の鵝鑾鼻(がらんび)へ|久野潤チャンネルブロマガ

2016/10/21 19:21 投稿

  • タグ:
  • 久野潤
  • 久野潤チャンネル
  • 大日本帝国海軍
  • 戦史研究


久野
です。

台湾研修旅行の二日目は、
朝から台湾本島最南端の鵝鑾鼻(がらんび)へ向かいました。

4e188f60b2614c6e26e334b576911115579cd86a

泊まったホテルの近くの海面に
「ニクソン岩」と呼ばれるものがあって、
米ニクソン大統領の横顔に似ている(!?)らいしいです。
ニクソンは中華人民共和国と国交樹立、
すなわち台湾(中華民国)と断交した大統領ですから、
あまり良い意味でなく名付けられたのかもしれません。

c156e772a085f6759cd2d2744368fcf27a23607b

さて台湾は、10月でも焼けつくような暑さです。
そんな中でも「台湾八景」鵝鑾鼻には
多くの中国人らしき観光客が来ていました。
夫婦でのツアーでしょうか、
すごく大胆なポーズで2ショット撮ってます(笑)

0888f1598b70240bcf74acc0a7d48aa170037a01

さて我々の目的は、ここからフィリピンをつなぐ
バシー海峡で戦没した方々の慰霊です。
「輸送船の墓場」と呼ばれたバシー海峡周辺では、
敵機や潜水艦の攻撃で将兵約20万・艦船200隻以上が
尊い犠牲になったと言われています。

その中にはこれから勇んで戦場に向かう方々もいたでしょうし、
激戦をくぐり抜けてやっと祖国へ帰れるはずだった方々もいたでしょう。
我々も岬からフィリピン方向を望み、「海ゆかば」を斉唱しました。

6b8f3fdbad76133365f77bb9f99e275840498fc4

この近くに、自らもバシー海峡で遭難し
九死に一生を得た中嶋秀次さん(3年前に逝去)が
私財のすべてを投じて建立した潮音寺があります。

12日間漂流する間、もし自分が助かったら、
生涯かけて亡くなった戦友の慰霊をすると誓ったそうです。
先述ニクソンの米台断交に次ぐ
日台断交によって台湾とのやり取りも難航を極める中、
ついに昭和56年(1981)潮音寺は建立された。
ちなみに久野が生まれた翌年でした。

5c32af57493f4fde69be2df618db0483a01795bd

中嶋さんと、同じく戦後旅行会社を経営していた
自分の義兄つながりで御縁があった李陽明さんは、
地元の原発で働きながら私財を投じて
寺の維持に努めているそうです。

(我が家もロクに片づけられないくせに)
清掃奉仕させていただく気マンマンで
着替えも準備して行ったんですが、
「ちょうど来月大修築がありますので、お気持ちだけ頂きます」
と言われて、せめてもと微力ながら寄付してきました。

私もたとえばレイテ沖海戦の経験者に
多数お話を伺いましたけど、皆さん台湾が見えたら
「あー、やっと帰ってこれた」って思ったみたいです。
台湾は“他国”ではなく、自分たちが生まれた時から
“我が領土”でしたからね。

そして自らの固有の領土だけでなく、
広くアジアを欧米から解放し、
そしてまもろうと命がけで戦って下さった我が国の先人たち。
その方々の等身大の思いを伝えるためにも、
帰国後さっそく戦争経験者取材に勤しんでいます。

55c7a4cd584747122d543395b0b3acf48719c4d9
※「ヒ八六船団」帰らず


( 久野 潤 )

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

|久野潤チャンネルブロマガ

久野潤チャンネル運営

月額:¥880 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

久野潤チャンネル

久野潤チャンネル

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細