プロ観戦者への道

NEXT TOJ 〜TOJの歴史を振り返る〜 Vol.74

2017/04/15 09:00 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • プロ観
  • 自転車
  • サイクルロードレース
  • 栗村修
  • TOJの歴史
  • 2004年

2004年 ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージ

2004年 第8回ツアー・オブ・ジャパンの成績は下記のものになります。

[個人総合時間賞]
1位 福島晋一(チーム ブリヂストン・アンカー)
2位 ロバート・ロザノ(チーム エチェオンド)
3位 クリスティアン・ホイレ(チーム マカンディナ)

[個人総合ポイント賞]
1位 ロバート・ロザノ(チーム エチェオンド)

[個人総合山岳賞]
1位 アロンソ・アイトールガルドス(チームNIPPO)

[個人総合スプリント賞]
1位 アーロン・ケンプス(オーストラリア ナショナルチーム)

[団体総合時間賞]
1位 シマノレーシング

TOJの東京ステージでグリーンジャージを守りきった福島晋一選手が、TOJでは日本人初の個人総合時間賞の1位に輝いています。

※ロバート・ロザノ選手は後にドーピング違反で失格になっています。

■栗村コメント
東京ステージでは、浅田監督率いるブリヂストン・アンカーがしっかりと集団をコントロールし、見事、ツアー・オブ・ジャパン史上初となる日本人による個人総合優勝を達成しました。

この時、栗村は鎖骨バンドを装着してベッドの上でした……。

団体総合優勝もシマノレーシングが獲得しており、全体的に日本チームの活躍が目立った年でした。

尚、2つのステージを制して総合2位に食い込みながらもドーピング陽性で失格となったロザノ選手は、日本のクラブチーム(チーム エチェオンド)に所属しての参加であり、厳密にいえば、この年、日本のチームからドーピング失格者が生まれてしまったことになります。

2004年 ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージ

2004年 ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージ

2004年 ツアー・オブ・ジャパン 東京ステージ
■「NEXT TOJ 〜TOJ歴史を振るかえる〜」とは……
今年でツアー・オブ・ジャパンは第20回大会を迎えます。
国内でも有数の歴史を誇る、TOJをみなさんに楽しんでいただければと思い、写真と共に振り返ります。

コメント

ナンシー鈴木
No.1 (2017/04/17 12:51)
栗村さん御自身もネタにしてらっしゃる「監督時代に宿で鎖骨骨折」はこのTOJなのですね 笑
その年に同い年の福島晋一選手が優勝とは、奇遇な。。(^_^;)
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

プロ観戦者への道

プロ観戦者への道

このチャンネルの詳細