稲葉活字万鉄

◆かつての、niconicoとYoutubeの使い分けについて◆

2022/07/25 21:30 投稿

コメント:14

  • タグ:
  • 実況動画作りの考え方
平素よりお世話になっております。
稲葉です。

先日から新しく、
ドラゴンクエストビルダーズの動画を投稿し始めました。




このゲーム、
2015年に遊んだ体感ゲーム『剣神ドラゴンクエスト』と
ストーリーが地続きになっているということで、
実は発売当時から「あ~、こりゃやらねえとだわ!」と
思っていたタイトルでした。

クラフト系のゲームも、やったら面白いだろうなというのは分かっていましたし、
最初に触れるなら何が良いかなぁとかは考えていたのですが、
そういった面でもビルダーズは適した作品だったかなと思っています。

『どうぶつの森』もそうですけど、
"完全な自由!"というよりも、
不自由さの中に適度な自由さがあるゲームの方が、
動画としては遊びやすかったりするので。

毎パート、
すごく楽しみながら動画を作っております。

で、part1を投稿した後なんですが、
『剣神ドラゴンクエスト』を
Youtube側にもアップして欲しいという声を、
想像していた以上にいただきましてですね。

もともとYoutubeのチャンネルって、
がみさんと西美濃を作ったときに立ち上げたアカウントなので、
自分の単騎の動画はアップしてきてなくて。

逆に、当初はniconicoには
西美濃の動画はアップしていなかったですしねぇ。

今では両方のプラットフォームに同時投稿していますが、
昔は使い分けをしていた、ということになります。


まあ、ビルダーズのプレイ中も、
結構剣神の話は出ちゃいますし。

今の基準だったらYoutube側にも投稿しているはずで、
まあ剣神くらいだったら投稿作業やってもいいか、と思うのですけど。

ちょっとどうしようかな、と迷った部分もあって…

今回のブロマガでは、
その「どうしようかな」と迷った部分とか、※
かつて、どういった理由でプラットフォームの使い分けをしていたかとか、
そのあたりについて書いてみようと思います。

※この部分は、今後の方針に関わるところでもありますし、
 無料で読める範囲にしときますね。

ということで、
今月もどうぞ宜しくお願いいたします。



■ 過去動画のYoutubeへの再投稿作業について


今でこそniconico/Youtubeは、
特に差異のない使い方をしていますが。

Youtubeに単騎の動画を投稿し始めたのは、
2017年の『To The Moon』が最初でした。



何でこれが初かというと、niconicoへの投稿中に、
“Youtubeでも見たいんだけどそっちには投稿しないんですか?”
という声が自分に届いたからなんですよね。

その頃はniconicoには1人のやつも西美濃のやつも両方アップしてて、
Youtubeには西美濃のやつだけだったので。
昔からの経緯を知らなかった人かも知れませんが、
メールか何かをくれたのです。

その時、「そうか、そういう需要も多少はあるのかな」と思い、
Youtubeへの投稿用に再出力したものを取っておいて、
しばらく経った後、改めて投稿していきました。

ここで1つポイントがありまして。
実は、Youtubeとniconicoに投稿している動画って、
物理的には別データなんですよね。

というのも、投稿可能な動画のサイズ容量の上限が、
Youtubeとniconicoでは段違いなんです。

2022現在の仕様ですが、
Youtubeでは256GBまでの動画が投稿可能です。

一方、niconicoは3GBまで。
『俺屍』の途中くらいまでは40MBとかかな。
今となっては笑っちゃうくらい小さかったんです。

自分の作っている実況動画の場合、
ゲームにもよりますが、最高画質で出力しても、
最大で20GBいかないくらいです。

なのでniconico用のものは、上限内におさまるよう、
品質を押さえる必要がありますが、
Youtubeでは、容量の上限なんて意識せず、
最も良い状態で作ってあげれば、それで良いのです。


元々はniconico向けに作った動画ではありましたが、
見たいと言ってくれる人もいるし、
Youtubeなら高画質版にも出来し、
それなら投稿する意味あるかなー、と。

過去動画の転載作業ではあっても、
動画制作者としての自己満足を充足してくれる部分もあるというか。


『To The Moon』の次の単騎動画である『どうぶつの森e+』も、
同様に、niconicoから1年遅れでYoutubeにも投稿していきました。
(ちょっと前に追いついちゃいましたけど)

ただ、1年後に投稿とかって正直面倒くさいので、
次の『ドキドキ文芸部』からはもう作業負荷が最も少なくて済む、
同時投稿に切り替え・・・そして、今に至ると。

そういう感じです。


だから、『剣神ドラゴンクエスト』とか『俺屍』とかを
Youtube側に投稿してないのは、
別にniconicoじゃないと絶対にダメだ!という考えが
あったからというわけでもなく。

単純に"当時は需要ないと思ってた"
というだけなんですけど。

ただ、ここ数年、『剣神』以外でも、
「〇〇もYoutubeにアップして欲しいです」という
声をいただく機会は増えてきました。

やっぱり、勝手に転載されちゃうことも多くて、
そういった動画は視聴したくないので、
出来れば本人の手でYoutubeにも投稿して欲しい、と。

そう言ってもらえるのは嬉しいことですし、
自分も「転載動画を見て」なんて言いたくないんですけどね。

ただ、地味ながらそれなりに作業量も発生するんで、
どうしても新しい動画を作ったりとか、
自分がやってて楽しい作業のほうに力を注ぎたくなるんですよ。

完全に自分のモチベ次第になるんですけどねー。


あと、前述の通り、
『To The Moon』はそのうちYoutubeにも投稿するつもりでいたんで、
Youtube用に高画質な動画データを作っておくことができたのですが。

それ以前の動画は、動画製作途中の中間ファイル残ってないんで、
niconicoに投稿したデータしかないんですよ。

昔のniconicoの動画って殆どが上限40MBの時代なんで。

それをYoutube用にうす~く引き伸ばして、笑
動画を作ることになるんで、
全然高画質版とかにはならないんです。


高画質版という、
Youtubeならではの付加価値を持った動画を投稿できるのであれば、
まだやる気になるんですけど。

自分の場合、なんらかの自己満足を満たせないと、
中々行動に結びつかないのでね・・・


あと、やっぱ昔の動画って恥ずかしいんで。笑

当時としては精一杯やってるはずなんですけど、
自分のプレイの仕方や、音質/画質とかの環境面とか、
やっぱり全てが気になってしまいます。

これはもう、実況動画に限らず、
人間みんなそういうものじゃないでしょうか。

良いところもあるんだろうけど、
必要以上に悪いところが見えて、恥ずかしくなるというかね。

自分の過去の仕事の成果物とかを見て、
誇らしく思える人は本当に凄いと思います。

だから、『メダロット4』の投稿を始めたときも、
それ以前の『R』『弐CORE』『3』もYoutubeに投稿してよと言われましたが、
さすがにきついかなー。笑


そういう色々があるので、
あまり積極的には進めて
これなかったんですけどねぇ。

でも転載対策とかを考えると、
『剣神』以外もやっておいても良いんだろうなぁ。

少なくとも、
稲葉百万鉄の名前になってからの動画くらいは。

ただ、言われることの多い『俺屍』とかは、
100本以上ありますからねー。

『剣神』は15本だけでしたけど、
それでもまあまあ時間掛かったので。
※画展は、Youtubeチャンネルの著作権マークに赤がついちゃうんで、
 niconico側に参照飛ばすかたちにしてます


いずれ時間を見つけて、『PlanetCoaster』とか、
すぐ終わりそうなところから手を付けていくかも知れません。

いつまでにやる、とかお約束は出来ないですが・・・
まあ、いずれ、ですね。


 

ここから先は有料になります

チャンネルに入会して購読する

月額:¥550 (税込)

  • チャンネルに入会すると、チャンネル内の全ての記事が購読できます。
  • 入会者特典:月額会員のみが当月に発行された記事を先行して読めます

ニコニコポイントで購入する

  • この記事は月額会員限定の記事です。都度購入はできません。

コメント

平素よりお世話になっております。
私は10年以上niconico等で動画・配信を視聴してきましたが、個人的に好きな投稿者・配信者は
ほとんど継続的にネット活動をしていないのが現状です。
社会人になり失踪してしまった人、結婚して家庭を持ちフェードアウトしていった人
が多く、長期にわたって継続的にインターネットで活動をすることの難しさを
最近感じています。

動画投稿者・配信者が活動の場をyoutubeに移行するというのをよく聞きますが、
niconico等で活動を始め、youtubeに移行して現在も継続的に活動を続けている方というのは
インターネット全体で見ると希少な存在なのだと思います。
だからこそ、2つのプラットフォームで継続的に多くの動画を毎週投稿されている
稲葉さんには、尊敬の念・感謝の念しかありません。

記事の末尾部分を読んで、
「このスタイルを確立するために私は長い時間をかけてきたんです
心を突き動かす何かに出会わない限りは、しばらくこのまま変わらないと思います」
という偉人の言葉をチャンネル開設に際しての記事で引用されていたのを思い出しました。

個人的にも、現状の活動のスタイルが維持されることを望んでいます。
早いものでチャンネル開設3周年も近づいてきていますが、稲葉さんが末永く
活動を継続できることを祈っております。

No.12 14ヶ月前

平素より大変お世話になっております。いつも楽しく拝見させていただいております!
ビルダーズの動画がアップされた直後には、ここぞとばかりにもう一度ニコニコで剣神を見返し始めていたのですが、まさかYouTubeに転載されるとはつゆも思わず感嘆いたしました。転載ありがとうございます!

自分はボルゾイ時代からの視聴者ですので、やはりニコニコの独特なコメント雰囲気が好きで、西美濃もニコニコで視聴しておりました。しかし視聴時の簡便さや他の動画コンテンツも豊富といった手前から、徐々に私のメインの視聴プラットフォームがYouTubeに移り変わっていき、今では稲葉さんの単騎含めて全てYouTubeで視聴しております。
当初は見返しする際にプラットフォームを変えてどちらも視聴していたりしたのですが、徐々にニコニコの割合が減って行き、ニコニコのプレミアムも退会してしまい、、、。
初期の頃こそコメントが流れないYouTubeの画面にある種の孤独感を感じていましたが、今はすっかりその画面に慣れてしまった自分に「人は変わるもんだなぁ」としんみりします。

ただYouTubeで動画を拝見する際に、ツッコミポイントというか、所謂コメントポイントを感じると「きっとニコニコではこんな感じで盛り上がってるのでは?」と想像して、その部分をわざわざニコニコに観に行ったりする時があります。
そこにはやはり当時から変わらないニコニコ動画としての雰囲気があり、久しぶりの実家に帰ったような感覚に陥ります。おそらく、この感覚を実況動画で味わえるのは稲葉さん・西美濃の動画群以外にはないでしょうね。
たかが実況動画、されど実況動画。一コンテンツとしてのさまざまな遍歴と共に視聴者の感覚も変わっていく最中で、今の稲葉さんのスタイルは実況動画界の今昔を下支えするものなのだろうと思いました。そんな動画群を昔から知っていることを嬉しく思います。

以上、取り止めもない長文乱文で失礼いたしました。今後とも楽しく拝見させていただきます。ありがとうございました!

No.13 14ヶ月前

今回も、とても面白く拝読しました!
色々と、すごく興味深かったです。

なぜか「昔の動画って恥ずかしいんで」という何気ないフレーズが、印象に残りました。
「◆TRUE REMEMBRANCE 実況プレイ◆くだまき」を、思い出しました。

同時に、この動画の10:37のお言葉。
「おれに、黒歴史なんて、無いから」も、思い出しました~。
「くだまき」や「感想回」も、すごく好きです。

話がそれましたが、いつもありがとうございます。
次回も、楽しみにしています!

No.14 13ヶ月前
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

稲葉百万鉄のチャンネルへようこそ

稲葉百万鉄のチャンネルへようこそ

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細