ハックルベリーに会いに行く

台獣物語09(2,380字)

2016/05/06 06:00 投稿

コメント:4

  • タグ:
  • 台獣物語
  • 岩崎夏海
  • ハックルさん
  • ラノベ
  • ライトノベル
  • 小説
第三章「ダンシング・クイーン」


 その日は、朝から梅雨のしとしととした雨が降っていた。それでも、ぼくらは昼休みに屋上に行くと、傘を差しながら二人で話した。
 あいにくの天気だったけれど、おかげでぼくら以外に人影はなく、秘密の話をするには持ってこいだった。
 屋上の北側の縁に立つと、雨で多少けぶってはいるけれど、遠くに日本海を見通すこともできた。米子西中は小高い丘の上に立っているから、ここからだと米子の旧市街はもちろん、新市街の中心である皆生や、遠くは境港まで、弓ヶ浜半島全体を見渡すことができた。
 半島には、皆生と境港とを結ぶ鉄道や道路の線が、コードの束のように何本も横たわっている。その線の隙間から、無数のビルがおよそ二〇キロに渡って林立している。それらビルの高さは、皆生と境港の両端を頂点とした緩やかな逆放物線を描いていて、半島全体がさながら巨大な吊り橋だ。
 そんな近未来SF的景観を

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

モモンガタイム
No.2 (2016/05/07 00:10)
大変、馴れ馴れしい失礼な言い回し

すみませんでした

では、改めておやすみなさい
モモンガタイム
No.3 (2016/05/07 00:45)
寺子屋ミッドナイト

YouTubeで検索するとでると確認しました!

岩崎ブログの読者のひとつの解になっていくと思います。

岩崎夏海 (著者)
No.4 (2016/05/07 07:52)
>>3
教科書の余白の話、面白いですね。参考になります。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

ハックルベリーに会いに行く

ハックルベリーに会いに行く

月額
¥880  (税込)
このチャンネルの詳細