脛齧り禿男 のコメント

こういう人間もいるのだと、あまり咎めず折り合いをつけて生きていくことが大事なのですね。最悪の事態を避けるためにも。なってしまったものは仕方がない。望む形にはならなかったのだとあきらめて逃げるのは決して悪いことではない。両親も高齢になり、老後の余生を静かに暮らせる環境が必要ではないでしょうか。息子さんも然り。もはや、どうにもならないのだと、納得される他ないのではないでしょうか。精神論や肉体言語はこの時点でもう無意味でしょう。息子さんは社会から見放され、彼もまた社会を必要としないのでしょう。

No.32 41ヶ月前

このコメントは以下の記事についています

岡田斗司夫ゼミ

岡田斗司夫ゼミ

月額
¥550  (税込)
このチャンネルの詳細