ニコニコチャンネルメニュー

デヴィ夫人チャンネル

アメブロでは言えない話 ~The Salon of Lady Dewi~

『 日本を愛した「フレンチの神様」 』 【Vol.1647】

2018/08/23 11:00 投稿

  • タグ:
  • デヴィ夫人
  • ジョエル・ロブション
  • ラトリエ・ドゥ・ジョエル・ロブショ
  • シャトーレストラン・ロブション
  • M.O.F.(フランス国家最優秀職人章)
  • ポール・ボキューズ
  • ミシュラン・ガイド
皆さま ごきげんよう。
私の ブロマガを ご購読くださり、
ありがとうございます。
*********************************************



フランス料理の巨匠、ジョエル・ロブション氏が


今月6日に スイスのジュネーブで亡くなりました。



まだまだ 活躍が期待される73歳でした。


「ロブション」は 私も大好きでプライベートや


ロティスールの会などの食事会も催されて


よく伺っていました。 とても 残念です。


昨年 恵比寿の「シャトーレストラン ロブション」

で開かれたロティスールの会でのロブション氏


ロブション氏は、15歳の時に 見習いとして


料理人の 修行に入って以来、 約58年もの


間に数々の功績を残しました。 


31歳の若さで M.O.F.(フランス国家最優秀


職人章)を獲得後、36歳で独立して「ジャマン」を


開店し、名声を確立しました。 オープンから


1年もしないうちに「ミシュラン・ガイド」で1つ星を


獲得。 20世紀最高の料理人として称賛され、


32個もの ミシュランの星を持ち、「世界で最も


多くのミシュランの星を持つ」唯一のシェフです。


ロブション氏が残した財産は 世界中にある


12店舗のレストランのみならず、 日本で展開


される レストラン・パティスリー・ブランジェリー・


カフェなど 世界で最大の全9店舗の事業が


あります。 また、氏の生まれた町の近くにも


料理学校を建て、料理への情熱、知識や伝統を


後世に残すべく 後進の育成にも力を注ぎました。 


日本の食文化への造詣が深いことでも知られ、


日本酒「獺祭」の 蔵元・旭酒造と共同展開する


複合レストランを今年 6月にパリで開業させた


ばかりとか。 そんな 矢先の訃報、関係者の


方々も どんなに心残りだったでしょう。


4~5年前、六本木ヒルズの

「ラトリエ ドゥ ジョエル・ロブション」にて


又 違う日に、 同レストランにて


ロブション氏のお料理中で、 もっとも 有名で、


愛されているレシピがあります。  それは


“ポム・ピュレ”と呼ばれる素朴な“マッシュポテト”


「年を とればとるほど、何が真実か 気づくように


なった。 食べ物は シンプルであればあるほど、


特別なものになる」と語った ロブション氏。


完璧主義者としても 有名だった彼の料理は


彼の人生そのもの、だったのかもしれません。 


私は、繊細で 奥深い彼の優しい人柄のような


美しい お料理が大好きです。  次はどんな


料理?と毎回楽しみでした。 今年は 1月に


仏料理界の「法王」ポール・ボキューズ氏、


そしてロブション氏と 有名シェフが相次いで


逝去して、フレンチ料理界は大ショックですね。


ロブション氏が亡くなっても、彼の偉大な


レガシーは お弟子さんや レストランに後世まで


引き継がれていくことでしょう。


これからも 唯一無二の ロブションのお料理を


楽しみにしたいと思います。


合掌





********************************************
では 皆さま 次号をお楽しみに。

ブロマガ会員ならもっと楽しめる!

  • 会員限定の新着記事が読み放題!※1
  • 動画や生放送などの追加コンテンツが見放題!※2
    • ※1、入会月以降の記事が対象になります。
    • ※2、チャンネルによって、見放題になるコンテンツは異なります。

アメブロでは言えない話 ~The Salon of Lady Dewi~

デヴィ・スカルノ

月額:¥330 (税込)

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事