弱いなら弱いままで。

庵野秀明と「ほんとうに大人になる」というテーマ。

2021/03/23 13:36 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
 皆さん、昨夜の『プロフェッショナル 庵野秀明スペシャル』はご覧になられたでしょうか。いやあ、凄かったですね! まだ未見の方は今後一週間は「NHKプラス」で見れるらしいので、ぜひ見てみてください。ほんとに凄いから。

 最初から最後まで期待通りの映像がわんさか。全部で75分なのだけれど、できれば3時間くらいの映画にまとめ直してほしいくらい。めちゃくちゃ濃密な時間でした。

 本編中でスタジオジブリの鈴木プロデューサーが庵野さんのことを「大人になりたかったのに大人になれない」みたいに語っていて、まあそうなのだろうなとは思うのだけれど、振り返ってみると、そもそも「大人」とは何なのだろうと考えざるを得ません。

 これは番組の最後で庵野さんが「プロフェッショナルという言葉は嫌い」と語っていることともパラレルな話で、つまり、形だけ大人になるとか、見た目だけプロフェッショナルになるといったことはある意味で

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

memetaa2
No.1 (2021/03/23 23:26)
私としては、そもそもどうして庵野監督が大人ではない(もしくは「なかった」)と言われるのか分からないんですよね。

仮に十分に成熟した大人ではないにしても、そんじょそこらの多くの一般人から未熟扱いされるほどに子供でもない、と思うのですが。

NHKの番組はまだ観ていないので、近いうちに観ておきます。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

月額
¥330  (税込)
このチャンネルの詳細