弱いなら弱いままで。

「なぜ人を殺してはいけないのか?」に答えることより大切なこと。

2019/01/26 23:57 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
 「なぜ人を殺してはいけないのか?」という問いは、社会的なレベルとより本質的なレベルで答えが異なる。

 社会的なレベルでは「社会がそう決めたから」だし、本質のレベルでは「べつに殺してはいけないとは決まっていない」。社会のルールと世界の本質を分けて考えることはこの手の思考実験の基本かな。

 「なぜ人を殺してはいけないのか?」といっても、現に殺した人はいるし、それで特に捕まることもなく最後まで幸せに生き抜いた人だって枚挙にいとまがないよね。世界はべつに殺人を禁じてはいない。あたりまえだ。

 でも、社会は社会そのものの維持のため殺人や窃盗などの自由を禁じる。それだけのことではある。

 ただ、人間が設定した社会的なルールと世界の本質(ぼくは「グランド・ルール」と呼んだりする)を混同するとわけがわからなくなる。

 人間が設定したルールはあくまでそのルールに同意する人間に対してしか効果がないので、絶対

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

 この記事で書かれたことはおおむね納得できます。

 そこで質問なのですが、もし実際に子供から「なぜ人を殺したらいけないのか」と聞かれたら、海燕さんだったらどのように答えますか。

 ちなみに、私は「ダメだと決めないと殺し合いが容易に行われるようになり、君や君の大事な人が殺される確率が高くなる」と答えるつもりでいました。

 でも、この記事で「うまくやれば殺してもいいということになる」と指摘されていて、もう少しよく考えた方がいいと思いました。

No.1 34ヶ月前
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

月額
¥330  (税込)
このチャンネルの詳細