弱いなら弱いままで。

主人公の動機を考える。

2016/11/16 21:31 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 創作
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
 さて、小説構築の続きです。自分が作ったアウトラインを数日経って読み返してみたのですが、いまひとつ面白そうではないですね……。

 いままで考えたアイディアと比べるとまったく使い物にならないというほどではないので、つまり、どこかに欠陥を抱えているということだと思います。

 この場合の欠陥とは、いくつもありそうですがひとつには「葛藤」が弱いということではないでしょうか。どの本を読んでも「物語には葛藤が必要である」と書かれています。

 それはそうだろうとぼくも思います。ぼくが過去に読んだ面白い作品はいずれも主人公の葛藤をつよく打ち出したものでした。

 何の本で読んだのか忘れてしまいましたが、魅力的なキャラクターとは「パラドックス」を抱えているものであるという話があります。つまり、一身に何らかの「矛盾」を体現していて、その矛盾にひき裂かれながら前進していく、それが魅力的なキャラクターなのである、と

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

memetaa2
No.1 (2016/11/19 02:25)
 前の記事での質問に答えていただいて、ありがとうございます。今回の記事で改めて提示された主人公の動機は、とてもいいと思います。

 主人公の能力ですが、バランスが難しいですね。でも、幻を見せる能力というのは、やりようによっては人を殺せます。主人公の葛藤には利用できそうですね。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

月額
¥330  (税込)
このチャンネルの詳細