弱いなら弱いままで。

背景設定を考える。

2016/11/12 03:13 投稿

コメント:1

  • タグ:
  • 創作
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
 さて、そういうわけで簡単なキャラクター設定とストーリーラインはできあがりました。しかし、当然ながらここからさらに物語をふくらませていかなければなりません。

 現時点でこの物語は原稿用紙600枚で構想しています。ちょっと厚い文庫一冊というところですね。ということは一章は150枚にあたります。

 あるいはもっと長くなるかもしれないし、もっと短くなるかもしれませんが、全体の展開はなるべく崩さないようにしたいと考えています。

 ちなみに、物語とは長く成りたがる性質をもつものであるようです。予定よりエピソードが増えて長くなってしまったという話はよく耳にしますが、短くなったという話はあまり聞きません。

 そして、だいたい面白い物語ほど、長くなりたがる性質をつよく持っているようなのです。それは、「自ら成長する」ような物語こそ面白いのだということです。

 書きながら作者の頭のなかに次々と火花のように新た

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

memetaa2
No.1 (2016/11/12 12:38)
 「誓約の錠前」という設定に興味をひかれたので、詳細が決まっていたら教えてください。主人公は元々、殺意はどれくらい持っているのでしょうか。

 「気に入らない貴族を殺してやりたいけど、誓約のせいでできない」となると、面白くなりそうな気がします。海燕さんが書きたい方向と同じかは別として、ですけど。
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

継続入会すると1ヶ月分が無料です。 条件を読む

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

アラフォーオタクハゲの陰キャでも配信したい!

月額
¥330  (税込)
このチャンネルの詳細