弱いなら弱いままで。

天才ではない者が勝利を勝ち取る条件とは。

2016/06/08 02:43 投稿

  • タグ:
  • 感想
  • 批評
  • 書評
  • レビュー
  • 少年漫画
  • 少年マガジン
  • 勝木光
  • ベイビーステップ
  • 雷句誠
  • ベクターボール
週刊少年マガジン 2016年28号[2016年6月8日発売] [雑誌]

 いつもいっている気がしますが、今週の『ベイビーステップ』が面白いです。

 自分の目と身体で直接ウィンブルドンを体験し、「世界の頂上(トップ)」を肌身で感じたエーちゃんが、いよいよ「世界の頂上」を目指して戦い始めます。

 いままであいまいだった目標が具体的に定まった意味は大きく、エーちゃんはふたたび爆発的な成長を開始します。

 しばらくの間、「プロのきびしさを思い知らされるターン」が続いていただけに、今後の展開には期待です。

 それにしても、あらためてわかるエーちゃんのメンタルの強靭さ。

 普通、この手の漫画だと、「目標へのあまりにも遠い距離」を思い知られた主人公は絶望し、そのあと初めてそこから這い上がろうとするものなのですが、エーちゃんはそのプロセスをカットしてしまう(笑)。

 全然絶望しないんだもん! この人。

 それどころか、

世界の頂上(トップ)を目標に定めた練習は突き詰めるほ

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事