ニコニコチャンネルメニュー

海燕のチャンネル

弱いなら弱いままで。

百合漫画の至宝『やがて君になる』を読んで恋愛の必要条件を考える。

2016/05/08 12:38 投稿

  • タグ:
  • 感想
  • 批評
  • 書評
  • レビュー
  • 漫画
  • 百合
  • 仲谷鳰
  • やがて君になる
  • KADOKAWA
  • 恋愛
やがて君になる(2)<やがて君になる> (電撃コミックスNEXT)

 仲谷鳰『やがて君になる』最新刊を読みあげました。

 最近の百合漫画では傑出して出来がいいように思える一作です。

 Amazonでは14件のレビューが付いていて、評価はすべて五つ星。非常な高評価といっていいでしょう。

 あまり百合漫画らしくないシャープな線が魅力的ですね。

 百合漫画は内容的にどうしても甘ったるいしろものになりがちですが、この作品は一風変わっていて、糖分控えめの内容になっています。

 いや、十分甘いんですけれど、少なくとも甘いだけじゃない。独特の雰囲気の作品に仕上がっている。

 この漫画の特徴は、主人公の女の子がひとを好きになれない性格であるという設定です。

 彼女はべつに恋愛ごとに興味がないわけじゃない。むしろ、ちゃんと関心を抱いていて、まわりが恋に落ちるのを見て、自分もだれかを好きになってみたいと思っている。

 しかし、できない。そこで、彼女はどうしても他人を好きになれない自分について悩むのですが、そこに彼女を好きだという年上の少女があらわれて、という展開になっている。い
 まのところ、キスされたりしても主人公の少女は相手を好きになっていません。

 さて、はたしてこの先、彼女が恋情を自覚することはあるのか? それとも最後までこのままで行くのか? なかなかにサスペンスフルなラブストーリーです。

 それにしても、主人公のこの苦悩、ぼくには理解できるなあと思ってしまいますね。

 まあ、ぼくみたいな非モテ(非マッチング?)男性が理解できるというのもおこがましいかもしれないけれど、でも、わかる気がするんですよ。

 ぼくもやっぱり恋愛感情を抱くことがなかなかできない人だから。

 もっと女性と逢う機会を増やしていけばそのうち抱くことになるのかもしれないけれど、どうなんだろうな、よくわからない。

 もちろん、まったく人に好意を抱くことがないということではありません。そこまで非人情ではない。好きだといえば、好きな人はいっぱいいますよね。

 家族も好きだ。友人も好きだ。でも、恋愛の「好き」はそういう「好き」とは別ものだとされている。

 ほんとうか?と思うんだけれど、ほんとうだと証言している人がたくさんいる。

 恋愛には何か「過剰なもの」があって、それがないと恋愛として成立しないらしい。

 でも、 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

チャンネルに入会して購読する

  • この記事は過去記事の為、今入会しても読めません。ニコニコポイントでご購入下さい。

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事