天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

日刊ゲンダイの記事 「郵政上場とTPPで米国の完全属国化が完成した」との報道

2015/10/22 05:30 投稿

  • タグ:
  • 無料ブログ
  • 国際銀行権力
  • 資本主義
  • 民主主義
  • 通貨発行権
  • TPP
  • 郵政上場
  • 属国

ef0086263852b52304214c300de676c802c2bb08e3363b6549b3856539b4d744ee6228c12c889cb1



=======================


HP
<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


■無料セブンステップ


<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■本
<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Teitter
https://twitter.com/amanomotoyasu



■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  



===================


4343e11135669cc646c4fb06c6f3b66c26135e83


上記は、日刊ゲンダイのTPP加入と郵政の上場で、
本日終了、ならぬ、日本終了、という記事。

確かに小泉政権から続く本格的な構造改革が行われ、
安倍自民公明政権によって日本は完全に
米国の属国体制に入った。

集団的自衛権、秘密保護法、司法取引、TPP、
郵政の上場、アベノミクス、派遣法改悪などなど。

この流れは、1980年代の中曽根政権から
続いてきたものである。

1980年代の空前の不動産株バブルが、
それまでの産業資本主義であった日本経済を破壊し、
米国型株主資本主義に作り変える30年計画の始まりであった。

現在の日本社会の惨状をもたらしたのは、小泉政権以前の80年代から
行われてきた資本主義の景気変動の操作と、民主主義の政策操作の
結果なのである。

この問題は日本だけで起きているのではなく、日本の上司である欧米や
TPPを締結しようとしてる国々が直面している共通した現象なのだ。

つまり、諸文明を超えた、
「共通した何か」
の問題なのである。

それは、マネーが支配する経済(通貨発行権のない資本主義)と、
マネーが支配する政治(通貨発行権のない民主主義)の
問題なのだ。

今、必要とされているのは、この二つの政治経済の暴走と、
それの改善策を早急に提案し、政治に反映させることである。

<関連動画>④-①国際銀行権力により破壊と改造へ誘導された日本の30年間(1985~2015) 天野統康 真の民主社会をつくる会
https://youtu.be/_aX5oCd01CA



コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細