天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

ギリシャ危機の本質は、通貨発行権を失った国がおちいった末路

2015/06/23 02:18 投稿

  • タグ:
  • 無料記事
  • ギリシャ危機
  • 通貨発行権
  • ユーロ
  • EU
  • 国家破綻



=======================


HP
<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


■無料セブンステップ


<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■本
<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Teitter
https://twitter.com/amanomotoyasu



■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  



======================


8a22dc244e3b29620265885303cba25445af4578

(無料ブログより転載)

世界が固唾を飲んで見守っているギリシャとEUの債務交渉が
行われている。

ギリシャ危機という時限爆弾が炸裂するかどうか審議中である。

2009年から始まったギリシャ危機の結果、ギリシャ政府と国民の選択肢は
以下の二つしかない。

・ギリシャはEUの提案を受けていれて、国民生活を悪化させる年金削減などの緊縮政策を行う

・ギリシャはEUの提案を拒否して、政府、銀行、企業のトリプル破綻を引き起こす

どちらにせよ、ギリシャ国民にとっては災難である。

すべては、ユーロに加盟し、自国の通貨発行権をなくしたことが原因である。

自国の通貨発行権をなくしたから、

・野放図な借金をすることになった

・適切な金融政策が行えなくなった

・欧州中銀に国内銀行と企業の命運が握られてしまっている

通貨発行権を手放したせいで、依存と借金が生まれ、
それに対する対応策も極めて限られたものになっており、
その結果、選択肢は、破綻かユーロ金融帝国への国民生活の
悪化と従属か、の二者択一しかなくなった。

日本も日銀を独立させてしまったことで日本政府から
通貨発行権が法的になくなってしまった。

それでも様々な形で政府が干渉ができるので、
まだ通貨発行権に影響力がなくなったわけではない。
(日本の場合は、政治が米国に従属しているので
通貨発行権以前の問題でもある)

民主的な政府が通貨発行権を持たないとどうなるかが
ギリシャ危機によく現れているのである。





コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細