天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

(有料)ギリシャの政府・銀行・企業のトリプル破綻の運命を握る欧州中央銀行(ECB)

2015/06/20 20:00 投稿

  • タグ:
  • 有料
  • ギリシャ危機
  • ECB
  • ユーロ
  • IMF
  • 通貨発行権
  • 取り付け騒ぎ




=======================
 

HP
<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


■無料セブンステップ


<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■本
<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Teitter
https://twitter.com/amanomotoyasu



■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論  


=====================

0dcc431f405d758140ca0bad9f4d42168551826e
(上記図 日本経済新聞 6月20日より転載)

【今回のニュース】

・ギリシャ支援 再開に暗雲 決裂か停滞 デフォルトの状態へ 日本経済新聞 6月20日
http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM19H4D_Z10C15A6FF2000/


19日に行われたギリシャ支援を巡るユーロ圏財務相会合は
何の進展もないまま終了した。


今月末にも、ギリシャのデフォルト懸念が高まる中、
ギリシャ国内では、市民の一部がパニックになり
銀行からユーロ通貨を引き出そうとして
取り付け騒ぎが拡大している。


ギリシャが破綻する可能性があるのは、
政府とEUの支援交渉だけではない。



欧州中央銀行が、ギリシャの中央銀行を支援しなくなると
政府、銀行、企業のトリプル破綻がおこる可能性が
あることについて解説する。

【内容】

・本格的に始まった預金の取り付け騒ぎ

・欧州中央銀行の支援措置が止まるとどうなるか

・通貨主権を無くした国家の末路

(以下有料)

 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細