天野統康の有料ブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

【図解で説明】過去最低の長期金利(国債10年もの)の原因と、経済と家計への影響

2014/12/27 20:40 投稿

  • タグ:
  • 有料記事
  • 債券バブル
  • 図解で説明
  • 長期金利
  • 国債
  • 長期固定金利型住宅ローン
  • 企業融資
  • 円安
  • 原油安
  • 債券型投資信託


=======================


■HP
<リンク>お金のセカンドオピニオン 天野統康FP事務所 


■無料セブンステップ

<リンク> 簡単に分かる!お金と社会と生活の仕組みの秘密 無料セブンステップメール


■本
<リンク>サヨナラ!操作された「お金と民主主義」なるほど!マネーの構造が良く分かった  成甲書房 1,785円



■Youtube
https://www.youtube.com/user/07amano/videos



■Twitter
https://twitter.com/amanomotoyasu



■無料ブログ
<リンク>
天野統康のブログ 金融システムから見る経済社会論
  


==========================

a8e192605c7b0e2dc08c7b95fa489497bce80aea

【今回の記事】

「長期金利最低0.310%」
日本経済新聞 12月26日

「空前の低金利 歪み市場 金融機関逆ざやに 住宅・企業融資伸び悩み」

日本経済新聞 12月26日 

債券市場で10年物国債利回りが過去最低の0.310%をつけた。
金利が過去最低をつけるのは、それだけ国債の人気が高く、
低い金利でも売れるためだ。

長期金利の下落の影響は、債券だけでなく、銀行の経営や
企業への融資、個人の住宅ローン金利などにも直接的に
影響を与える大きな問題である。

過去最低の金利なっている理由と、経済や家計への影響を
経済の全体像から図解で説明する。



3678dec1206ac2edd439ab1309f4b12b4067750b

(以下有料)

 

ここから先は有料になります

ニコニコポイントで購入する

コメント

コメントはまだありません
コメントを書き込むにはログインしてください。

いまブロマガで人気の記事

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

天野統康のブロマガ「マネーと政治経済の原理からニュースを読む」

このチャンネルの詳細